現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルパン三世のクルマが初代じゃない! 2代目3代目とは似ても似つかない「初代フィアット500」

ここから本文です

ルパン三世のクルマが初代じゃない! 2代目3代目とは似ても似つかない「初代フィアット500」

掲載 7
ルパン三世のクルマが初代じゃない! 2代目3代目とは似ても似つかない「初代フィアット500」

 この記事をまとめると

■自動車を大衆向けにするという流れのなか、1936年に初代フィアット500が誕生した

ドアも屋根もぶった切るとちょ~オシャレ! 許されるなら日本でも乗りたい「ビーチカー」が楽しすぎる

■大ヒットとなった初代フィアット500はイタリアの街の至るところで見ることができた

■初代フィアット500は1955年まで生産が続けられ、2代目フィアット500の開発に大きな影響を与えた

 大衆車を目指して人気を博した初代フィアット500

 フィアットのチンクエチェントといえば、街でよく見かけるオシャレなコンパクトカー。デザイン的なモチーフがあって、それがいわゆる「ルパン三世のクルマ」とよくいわれる1957年に発売されたFIAT 500というのは、あまりクルマに詳しくない人でも知っているかもしれない。

 ただ、初代と2代目という認識になりがちなのだが、じつはそれぞれ2代目と3代目で、1936年に初代が登場している。ちなみに2代目と3代目の間にチンクエチェントというモデルも存在しているのでややこしいが、こちらはFIAT 500と表記されることはないので、歴代モデルとして数えないことが多い。

 初代FIAT 500に話を戻すと、貴族などに向けた高級な乗り物だった自動車をより大衆向けにするという流れが起きていた1936年に登場した。

 その開発には、2代目で責任者を務めたダンテ・ジアコーサも携わっており、それゆえデザインやメカニズムはかなり独創的だった。

 ちなみに2代目のことをトッポーリーノと呼ぶ人がいるが、実際は初代のニックネームで、丸みを帯びたボディと丸いライトがハツカネズミ(トッポリーノ)みたいだったのでこのニックネームが付けられた。

 ふたり乗りのかなりコンパクトなボディは、当初の予定よりも高価になったとはいえ、世界恐慌で冷え込んだイタリアでもヒット作となって、街なかの至るところで見ることができた。

 映画『ローマの休日』では、オードリー・ヘップバーン扮する女王とグレゴリー・ペック扮する新聞記者が乗るベスパを追いかけるのにチンクエチェントで出てくるが、当時の様子がよくわかるシーンだ。

 メカニズムもユニークで、エンジンは直4というぜいたくなもので、排気量569ccから13.5馬力を発揮したのも当時として立派なスペックだ。

 丸みを帯びたボディゆえフロントにラジエーターを設置する場所がなく、やむなくエンジンの後ろ側に配置。暖まった冷却水は自然に循環するようになっていて、ウォーターポンプがない構造となっている。また、前輪独立懸架や油圧ブレーキなど、当時としては贅沢な装備を採用していた。

 生産は戦後も続けられ、ヘッドライトがフェンダー埋め込みになったりしたが、最終的には1955年まで作られた。構造などはまったく異なるとはいえ、そのコンセプトは2代目開発に大きな影響を与えたのは確実だろう。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
くるまのニュース
電動モビリティ「RICHIBIT CITY」をヨドバシカメラで販売開始
電動モビリティ「RICHIBIT CITY」をヨドバシカメラで販売開始
レスポンス
【2024年版】日産 エクストレイルVSスバル フォレスターを徹底比較
【2024年版】日産 エクストレイルVSスバル フォレスターを徹底比較
グーネット
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
motorsport.com 日本版
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
くるまのニュース
[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
レスポンス
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
motorsport.com 日本版
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
月刊自家用車WEB
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
レスポンス
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
くるまのニュース
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
Auto Messe Web
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
グーネット
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
Webモーターマガジン
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
レスポンス
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
WEB CARTOP
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
ドコモ・バイクシェアとOpenStreetがついに提携! 三つ巴のシェアサイクル業界、どう変化していく?
くるくら
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
アストンマーティン、ヴァルキリーLMHのシェイクダウン実施。来季WEC&IMSA正式投入に向けて準備着々
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

7件
  • mot********
    90年代の四角いチンクエチェントを忘れてあげるなよ。今売られてるのは4代目とBEVの5代目だぞ。
  • 稲。
    「ルパン三世 PART4」の1エピソードで、このトッポリーノ君に乗ってイタリアの街を走る(走らされる?)ルパンのお話がありますね。

    ♪お散歩しましょ~
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2980.04980.0万円

中古車を検索
ローマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2870.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2980.04980.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村