現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トップ3からベストを選ぶ 凄まじい動力性能のフェラーリ296 GTB 2種のポルシェも BBDC 2022(5)

ここから本文です

トップ3からベストを選ぶ 凄まじい動力性能のフェラーリ296 GTB 2種のポルシェも BBDC 2022(5)

掲載 1
トップ3からベストを選ぶ 凄まじい動力性能のフェラーリ296 GTB 2種のポルシェも BBDC 2022(5)

メーカーや価格を問わず今年のベストを選出

英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)選手権の審査は厳しい。サーキットの縁石へ容赦なく乗り上げるし、水たまりが残っていても構わず攻め込む。糖質の高い炭水化物も、休憩時間に避けることは難しい。

【画像】トップ3からベストを選ぶ フェラーリ296 GTB ポルシェ718ケイマン GT4 RS 911 GT3 全149枚

1メーカー1車種というルールを設けることもできるだろう。その考え方には一理あるが、本当に公平な選考基準だとは限らない。公平に見えるようにするための、恣意的な決め事といえる。

AUTOCARでは、そんなことはしない。国やメーカー、価格を問わず、今年を代表するドライバーズカーといえる上位10台と、昨年のディフェンディング・チャンピオンを同時に比較する。数名の審査員で。

比較する場所は、いつものグレートブリテン島の中西部に位置するノース・ウェールズ地方。チャレンジングな一般道とアングルシー・サーキットが舞台。これが毎年のやり方だ。

というわけで、2022年のノミネート車両には2台のポルシェが選ばれた。いずれも秀逸のGTモデルで、1台はディフェンディング・チャンピオンだから、間違いなく最高の仕上がりにある。11台による直接比較を経て、トップ3に勝ち残っている。

ポルシェ911 GT3と718ケイマン GT4 RSは、すべての審査員から疑問の余地がない点数を得ている。好みや考えの異なる5名が、同じ条件で乗り比べ、ドライビング体験の楽しさを採点していく。

最高出力や最高速度も、直接的には点数に関与しない。プロセスは至って公平だ。不要な主観は入ってこない。

レース用ガソリンを持ち込んだフェラーリ

ただし同じ条件という基準では、フェラーリは若干逸脱していたかもしれない。恐らく34回のBBDC選手権を通じて、電気の力まで借りた296 GTBは最高出力が1番高いが、もちろんそれが理由ではない。

フェラーリは今年、極めてグリップ力の高いミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2 Rタイヤを自ら持ち込み、アングルシー・サーキットでの走行に備えた。しかも、独自に手配したレース用のハイオクタン・ガソリンを給油してもいる。

ノミネート車両を貸し出してくれた各メーカーは、もちろんポルシェも、そこまではしていない。BBDC選手権に対する彼らの意気込みは伝わってくるが、これをどう捉えるだろうか。

もちろん、パイロットスポーツ・カップ2は、ショールームで選択できるタイヤではある。しかし、レース用ガソリンについて事前に知らされていれば、筆者は反対しただろう。通常のガソリンで評価したいと主張したはず。

フェラーリ側は、事前許可ではなく事後として許してもらおう、という姿勢だった。296 GTBは2022年のドライバーズカーとして秀抜で、今回の審査から除外することはできなかった。

充分速く走れるのに、それ以上を求める必要はないように思う。不正行為というわけではない。レース用ガソリンに対してはルールを設けていない。これは、AUTOCAR側の不備といえるかもしれない。

必要に応じて能力を最大限に発揮できるよう、事前の整備は認めているが、ラップタイムは審査の得点へ直接結びつくものではない。後味が悪くても、クルマに罪はないが。

センセーショナルな296 GTBの運転体験

とにかく、296 GTBのドライビング体験は、センセーショナルという表現がぴったりだった。ジェームス・ディスデイルは「脳みそがヤラれるほどの驚き」。だと口にし、リチャード・レーンは「芸術作品のようだ」。と称賛する。

ラップタイムは確かに速かった。多くのミドシップ・フェラーリのように。それでいて、2021年のSF90 ストラダーレともひと味違う。コーナーではバランスに優れ、操縦性はダイレクト。ステアリングホイールやペダルの重み付けも繊細だ。

一般道での乗り心地は、穏やかと呼べる範囲。右足の動きに理性があれば、日常的な移動手段にもなり得る。

サーキットでの走りに、より高い得点が集まったことも間違いない。ステアリングホイールにはおなじみの軽さとダイレクト感があり、シャシーは常に旋回できる態勢にあった。

システム総合で830psを生み出す、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)が叶える動力性能は凄まじいのヒトコト。一部のドライバーには、過剰にすら感じられるだろう。

この過剰ぶりが、フェラーリらしさでもあると考える人もいるとは思う。しかし、やりすぎは最高の結果を招かないこともある。スーパーカーとして最大の魅力になり得る、動的能力にも影響が出てしまう。

事実、「公道では殆ど展開できない」。という内容を複数の審査員が口にしていた。それ以外の強みへ、考えを巡らせる必要があった。

審査員を唸らせたPHEVシステム

296 GTBのPHEVシステムは、多くの審査員を唸らせた。V6ツインターボ・エンジンに電気モーターを組み合わせたマクラーレン・アルトゥーラと、V6ツインターボのみで走るマセラティMC20という2台との比較も有効だった。

フェラーリの3.0L V6ツインターボは、高回転域でのドラマチックなサウンドでドライバーを魅了する。それ以外の回転域でも、甘美な音響に浸れる。MC20のサウンドは若干荒々しく機械的。アルトゥーラはボリュームが控えめで、線が細く聞こえる。

そしてマラネロの工場は、世界有数といえる高性能エンジンの産地。痛快なピークパワーが放たれ、完成度の水準は極めて高い。同時に欧州で規定されるCO2排出量を達成するべく、電動化技術を取り入れ目標値を余裕でクリアしている。

V6エンジンの能力には、崇高さすら感じるほど。102オクタンの特別なガソリンを燃やさなくても、われわれは感服していただろう。

ところが、296 GTB以上にアングルシー・サーキットで巨大な驚きを与えたクルマが存在した。ポルシェ718ケイマン GT4 RSだ。一部の審査員にとっては初試乗となったことも、多少は影響していると思うが。

718ケイマンの小柄なミドシップ・シャシーに、ドイツ・ヴァイザッハのポルシェGT部門が組み上げた自然吸気4.0Lフラット6が収められている。ドライバーの直後から、壮大なサウンドが直に響いてくる。

9000rpmへ接近するほど、カーボンファイバー製インダクションを流れる空気も増大。陶酔せずにはいられなかった。

この続きは(6)にて。

こんな記事も読まれています

中国の巨大企業「ジーリー」が日本で試乗会……だが行ってみたら謎のイベント! ブランドの将来に不安しかない
中国の巨大企業「ジーリー」が日本で試乗会……だが行ってみたら謎のイベント! ブランドの将来に不安しかない
WEB CARTOP
アルピーヌがブランド初の電動モデル「A290」の日本導入を検討中とアナウンス
アルピーヌがブランド初の電動モデル「A290」の日本導入を検討中とアナウンス
カー・アンド・ドライバー
[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
レスポンス
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
AutoBild Japan
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
くるまのニュース
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
レスポンス
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
VAGUE
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
WEB CARTOP
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
くるまのニュース
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
バイクのニュース
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
motorsport.com 日本版
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
カー・アンド・ドライバー
1995年式の70ランクルがレンタル可能に!Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボレーション!
1995年式の70ランクルがレンタル可能に!Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボレーション!
月刊自家用車WEB
ホンダアクセス、新型アコード 純正アクセサリーの人気ランキングを発表
ホンダアクセス、新型アコード 純正アクセサリーの人気ランキングを発表
月刊自家用車WEB
マイナーチェンジされた新型ヴェゼルをリアルワールドで試乗、クラストップレベルの走りを実感
マイナーチェンジされた新型ヴェゼルをリアルワールドで試乗、クラストップレベルの走りを実感
月刊自家用車WEB
三菱自動車、「デリカミニ」、「eK スペース」を一部改良 ボディーカラーの追加やサイバーセキュリティ対策を実施
三菱自動車、「デリカミニ」、「eK スペース」を一部改良 ボディーカラーの追加やサイバーセキュリティ対策を実施
月刊自家用車WEB
【ポイントランキング】2024年FIA F2第6戦バルセロナ終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第6戦バルセロナ終了時点
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村