サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FUN! II GOLF リフレッシュ大作戦「ほんなもん、ゴルフIIに決まっとるがや」【VW GOLF FAN Vol.11】

ここから本文です

FUN! II GOLF リフレッシュ大作戦「ほんなもん、ゴルフIIに決まっとるがや」【VW GOLF FAN Vol.11】

※この記事は2007年3月に発売された「VW GOLF FAN Vol.11」から転載されたものです。

ゴルフファン垂涎のSOHC搭載の2ドアを元に戻す!
’90 GOLF CLi by SUZUKI WORKS

「VW TSIユニット」 直噴ツインチャージャーが導いた新しいパワーユニットの時代【VW GOLF FAN Vol.11】

関東編、関西編と続けてきた各整備工場、ショップでのゴルフIIリフレッシュ大作戦。このスズキワークスのCLiは通算6台目となるから、IIを元の状態に戻すにあたって、どんな部品が必要かは大体見えてきたはず。だが、興味深いのは工場、ショップによって、なにを重視するかが変わる点なのだ。

ユニークなVW専門店

中部を代表して登場してもらったスズキワークスは、かなりユニークなVW専門店だ。まず、いまどき、日曜日が休業日。名古屋の守山区にある工場と展示場は、クルマの往来がある大きな通りに面しているわけではない。面しているのはJR中央線。中央線を通勤や通学にお使いの方は、新守山駅と勝川駅の間で、VWのマークを掲げた同社の看板を見たことがあるに違いない。とても整備工場、あるいは展示場が相応しいとは思えないところに、同社はある。
「ここに工場を構えてもう16年になるけど、全然不満じゃないですね。ひとりで気楽にやるには、こんな感じのほうがいいですよ」
語るは、もちろん社長兼従業員である鈴木太さんだ。




鈴木さんは中日本自動車短大を優秀な成績で卒業、某自動車メーカーに就職し、整備マニュアルを製作する部門に勤める。しかし、数年で「自分で整備の仕事をやりたい」と思うようになり、24歳で独立、工場を構えることになる。当初は決してVW専門ではなかったそうだ。輸入車を中心に、ほかの工場から整備を請け負う「受け取り」仕事をやっていたという。
「ワーゲンが好きなのはいわゆる“刷り込み”っていうヤツかなぁ。学生時代に、最初に買ったクルマがゴルフなんです。専門的になってきたのは、やっぱりゴルフが中古車市場でもてはやされた12~3年前からです。あの頃は、ウチもバンバン売ってました。それが忘れられずに、いまもやってるってことでしょうね(笑)」




スズキワークスといえば、モータースポーツ活動に熱心であることもご存知の通り。クルマが売れなくなって余裕ができた(?)ことから、また'99年、ゴルフのワンメイクレースが始まったことから、あくまでも趣味の範囲でだが、参加するようになったという。このところは、セントラル・サーキットで開催されているゴルフレースの常連。スズキワークスといえば、マシン、ドライバーとも速いことがよく知られている。




さて、そんなスズキワークスはどういう方向で、ゴルフをリフレッシュするのか。

オリジナルを保つことが……

「あえて特別なことはなにもせずに、交換しておくべき部品を交換するだけにとどめておきます」
と、これは鈴木さんのリフレッシュにあたっての弁。

クルマは走行距離の少ない'91年式の2ドアCLiで、どこにも改造された跡がなく、だからこそオリジナルを保つことが、このクルマの価値を高めるという判断だ。




クルマに対しても合理的な考え方をする中部地域では、ユーズドの輸入車であっても、ほとんど壊れる心配がなく、“足”として日常的に使える信頼性が要求されるという。このため、ゴルフのユーズドでいえば、IIはすでに旧すぎ、IIIおよびIVが選択の対象になっているという。

とはいえ、IIが好きで、IIに育てられたといっても過言ではない鈴木さんは、素のIIのよさをもう一度味わってもらい、見直してもらいたいという。このCLiはスズキワークスの商品車だが、いまだお客様が決まっていないにもかかわらず、売れていないにもかかわらず、整備しておくことにしたのは、そういう思いが背景にあるからなのだ。




「名古屋ではまだ、IIをヴィンテージのように捉えるお客様は少ないんですね。でも、もうすぐミニと同じように“趣味のクルマ”として見られる時代が来るように思います。だから、程度のいいIIは大事にしないと……。気持ち的には、ほんなもん、ゴルフIIに決まっとるがや、です(笑)」




気分が違う気持ちがいい

散々ゴルフIIのユーズドを販売し、IIでレースに参戦してきたという経験をもとに、鈴木さんは交換すべき部品を用意する。といっても、改めてどこかに注文するというのではなく、部品庫から引っ張り出してくるというだけ。スズキワークスでは、IIの消耗部品といわれるもののほとんどを在庫している。ディーラー並みの、いやIIに関してはディーラー以上のストックを有しているのだ。




新たに取り寄せたパーツといえば、ショックアブソーバー、タイヤ、バッテリーぐらい。この一点でも、スズキワークスのIIに対するサービス体制の充実ぶりがうかがえる。




しかも、その在庫部品のほとんどが純正である。
「IIの純正部品は最近価格設定が変わって高くなってますが、やっぱり純正でしょ。使う側としても安心感がありますしね」

いわゆる社外品は、使っても純正品質を持つもの、つまり純正部品を作っているメーカーのものをセレクトする、としている。




エンジン関連の整備から始まった鈴木さんのリフレッシュ作業は、ドライブトレイン関連、サスペンション関連、ブレーキ関連と進んでいった。部品はすでの手元にあるから、途中で作業が滞るといったことはまったくない。いずれの部品交換作業も、鈴木さんにとっては何度も繰り返してきたことであって、考えずとも手が勝手に動くというレベルのもの。その素早さ、確実さには、やはり驚くべきものがあった。

「特別なことはなにもしない」という鈴木さんだが、驚きはドライブシャフトのCVジョイントのメンテナンスまで軽くやってのけたことだ。通常、ここは音でも出していない限り、触るところではない。ブーツに亀裂があって、グリスが漏れ出ているといった場合はまた別だが、問題がなければそのままにしておくところ。が、鈴木さんは、アッという間にCVジョイントを分解、洗浄して、新たにグリスを入れ込んでいった。

「普通は、なにもなければ触らないでしょうね。でも、CVジョイントというのは、FFドライブトレインの要のようなものじゃないですか。ここまで手を入れれば、気分が違うというか、気持ちがい
いじゃないですか」

さらに驚いたのは、フロントのサブフレームやサスのロワアーム、リアのトレーリングアームなどに、いわゆるシャシーブラックを施していくことだ。クルマが錆に弱かったその昔はともかく、いまさらシャシーブラックを吹くなんて工場はきわめて少ない。たとえ錆が出ていたとしても、ユーザーのリクエストがない限り、塗らないものだ。ところが、スズキワークスは丹念にスチームをかけて汚れを落とし、十分に乾かした後、シャシーブラックを吹く!

「だからどうなの? ではあるんですが、これも気分の問題ですよ。ボクの自己満足かもしれませんが、こうなってると気持ちがいいじゃないですか」
そういうところなのである、スズキワークスは。




リポート:小倉正樹/フォト:谷瀬 弘 
取材協力=スズキワークス 052-793-5455 http://www.suzukiworks.co.jp

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します