現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > お見積りはエントリーグレードで ジェネシスGV80 2.5Tへ試乗 温和な大型SUV

ここから本文です

お見積りはエントリーグレードで ジェネシスGV80 2.5Tへ試乗 温和な大型SUV

掲載 5
お見積りはエントリーグレードで ジェネシスGV80 2.5Tへ試乗 温和な大型SUV

ガソリンの選択肢は2.5L 4気筒ターボのみ

ヒョンデの上級ブランド、ジェネシスは、ドイツや英国の上級ブランドへ並ぶ地位を獲得したいと望んでいる。バッテリーEV(BEV)を投入すれば、その成就へ一歩近づくだろう。しかし今のところ、内燃エンジンのラインナップは充分ではないようだ。

【画像】温和な大型SUV ジェネシスGV80 欧州で競合するSUVと写真で比較 全106枚

ジェネシスの大型SUVでディーゼルエンジン以外の選択肢を求める場合、英国で選べるのは2.5Lターボの4気筒のみ。優れたダイレクト・インジェクション技術で最高出力304psを発揮するものの、車重は2145kgあるから、余裕しゃくしゃくとはいえない。

このクラスになると、現在の競合メーカーは6気筒エンジンを用意していることが多い。ボルボのXC90を除いて。

GV80の場合、エントリーグレードとなるプレミアムを選択すれば、6気筒エンジンのライバルモデルより英国価格はお手頃になる。だが、今回試乗したトップグレードのラグジュアリーとなると、そうはいかない。

プレミアムでもラグジュアリーでも、シャシーの仕様は同一。カメラ制御で減衰力を調整するアダプティブダンパー付きのコイルサスに、リア側へ主軸が置かれた四輪駆動システムを採用。オプションで電子制御のLSDも選択できる。

グレードの違いで走りに影響する点といえば、アルミホイール。プレミアムでは20インチとなるが、ラグジュアリーには22インチが標準で装備される。

広々としていて高級感が漂うインテリア

ボディサイズは全長4945mm、全幅1975mm、全高1715mmと大きく、シャシー側は温和な性格付けが与えられている。車内は広々としていて装備は充実し、内装素材も上質。高級感が溢れるなかで、静かに滑らかに運転できる。

ジェネシスがエルゴモーションと呼ぶ、最上級のドライバーズシートをオプションで指定すれば、ヒーターとベンチレーション、調整可能なサイドボルスター、マッサージ機能も付いてくる。

適正なドライビングポジションを取れ、運転席からの視界は良い。カメラ映像やセンサーがドライバーを助けてくれるから、込み入った英国の路地でも思いのほか扱いやすい。

リアシート側の空間にも不足はない。セカンドシートは前後にスライドでき、リクライニングだけでなく完全にフラットにもたためる。3列目シートも用意されるが、2列レイアウトの場合は荷室も広大だ。

ダッシュボード上部には大きなタッチモニターが据えられるのと同時に、実際に押せるハードボタンも多く、直感的に各機能を操作できる。センターコンソールには大きなロータリー・コントローラーがあり、インフォテインメント・システムも扱いやすい。

メーターパネルもモニター式だが、3D効果は好ましく感じられなかった。オフにしても、情報が見にくくなったり不足することはない。ギアセレクターはガラスで装飾され、重厚感がある。

ゆったりな雰囲気を強調する4気筒エンジン

発進すると、2.5L 4気筒ターボエンジンもゆったりとした雰囲気を強調する。とはいえ、日常的な条件で運転している限り、充分なトルクを引き出しやすい。ヒョンデ独自の8速ATとの愛称も素晴らしいようだ。

エンジンが高回転域まで気張っても、さほど心地よいノイズは響いてこない。AT任せに、穏やかに回転させていた方がGV80には似合っている。

周囲を置き去りにするような瞬発力は引き出せないものの、大きなSUVを運転していて、そこまで急ぎたいと思うことは少ないはず。車重を気にすることなく、高速道路の速度域まで問題なく加速もできる。

燃費には期待しないでおきたい。高速道路をしずしずと走らせていれば10km/L近くまで伸びる可能性もあるが、平均では8.5km/L程度が良いところだろう。

ステアリングホイールの直径は大きく、操縦特性も穏やか。それへ同調するように、乗り心地もソフト寄り。ただし、22インチ・ホイールが温和な印象へ稀に水を指す。路面の荒れ具合では、突然不快な振動が伝わってくる場面もあった。

お見積はエントリーグレードのディーゼルで

GV80は、基本的には落ち着いている。ジェネシス側も、洗練性に自信を見せている。

舗装状態がサスペンションの想定内なら、しなやかに処理してくれることは間違いない。それでも、細かな入力のいなし方はもう少し詰めても良さそうだ。

ジェネシスが狙ったマイルドな走り味を享受できるVG80は、20インチ・ホイールを履くエントリーグレードといえそうだ。お見積へ進むなら、プレミアムのディーゼルエンジンを指定した方が良いだろう。多少、装備は劣るかもしれないが。

ジェネシスGV80 2.5T AWDラグジュアリー(英国仕様)のスペック

英国価格:6万2315ポンド(約1028万円)
全長:4945mm
全幅:1975mm
全高:1715mm
最高速度:236km/h
0-100km/h加速:6.9秒
燃費:10.8-11.8km/L
CO2排出量:239-248g/km
車両重量:2145kg
パワートレイン:直列4気筒2497ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:304ps/5800rpm
最大トルク:42.9kg-m/1650-4000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

こんな記事も読まれています

強い線で描かれた非対称グラフィックのSHOEI「Z-8 BEAUT」が8月発売へ
強い線で描かれた非対称グラフィックのSHOEI「Z-8 BEAUT」が8月発売へ
WEBヤングマシン
【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像
【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像
カー・アンド・ドライバー
30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
ベストカーWeb
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
ベストカーWeb
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
AUTOSPORT web
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
AUTOSPORT web
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
AUTOSPORT web
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
AUTOCAR JAPAN
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
motorsport.com 日本版
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2550.02800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ターボの車買取相場を調べる

ベントレー ターボの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2550.02800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村