サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【客層/人気カラーは?】ダイハツ・タフト 1か月で1万8000台受注 メッキパックを半数が選択

ここから本文です

受注 1か月で月販目標の4.5倍

軽自動車のマーケットでは、新型コロナウイルスの影響もあり、2020年上期は全ブランドが前年割れをした。

【画像】ダイハツ・タフト【細部まで見る】 全93枚

そのなかで、スズキを僅差で抑え、シェアトップに輝いたのがダイハツ。

そのダイハツが送り出した新型軽クロスオーバー「TAFT(タフト)」の受注台数が、発売から1か月で、約1万8000台に達したことが分かった。

6月10日に発売されたタフトは、4000台の月販目標台数に対して、6月だけで5079台を販売。

累計受注数の1万8000台は、月販目標の4.5倍となる好調な滑り出しとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ