サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワゴン冬の時代に大健闘!! カローラツーリングワゴンがいまだに人気の真相

ここから本文です

ワゴン冬の時代に大健闘!! カローラツーリングワゴンがいまだに人気の真相

 国内市場では、ステーションワゴンがどんどん減少し、現在販売されているステーションワゴンは数えるほどとなっている。過去には各メーカーが力を入れていたステーションワゴンだが、需要がかなり減っているようだ。

 しかし、そんな状況にもかかわらず、トヨタの「カローラツーリング」は毎月5000台程度を販売し、販売台数ランキングで10~15位にランクインする好調さを見せている。

これが新型スープラの本気か!! 731万円で387馬力!! GRスープラRZの咆哮

 なぜカローラツーリングだけ、これほど人気なのか? トヨタの販売力はあるのものの、ほかのライバルと比較して何が違うのだろう?

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】好調な販売を続けるカローラツーリング その詳細をチェック

■選択肢が減少するなかで 頭ひとつ抜けたカローラツーリング

 小型/普通車の販売ランキング(日本自動車販売協会連合会のデータ)を見ると、トヨタ「カローラ」が上位に入っている。2020年1~6月の累計登録台数は、トヨタ「ライズ」に続く2位だった。7月もトヨタ「ヤリス」と「ライズ」に続く3位になる。

 ただしカローラの登録台数については、注釈を付ける必要がある。ヤリスやライズと違って、カローラには複数のボディタイプが含まれるからだ。

 2019年に登場したカローラセダン&ツーリング(ワゴン)に加えて、2018年に発売されたカローラスポーツ(5ドアハッチバック)、さらに2012年に登場した先代型のカローラアクシオ(セダン)&フィールダー(ワゴン)も低価格の仕様が継続販売されている。

2018年にカローラスポーツ(写真左手前)、2019年にカローラ(セダン)、カローラツーリング(写真右上)に生まれ変わった現行型カローラシリーズ

 カローラアクシオ&フィールダーを継続販売するのは、カローラセダン/ツーリング/スポーツが3ナンバー車に拡大されたからだ。

 カローラの開発者は「先代型の時点で、カローラセダンでは法人のお客様が約50%に達していた。ワゴンのフィールダーでも25%を占めた。法人では、社内の規則で5ナンバー車しか購入できない場合もあるため、5ナンバーサイズのアクシオ&フィールダーも低価格のグレードに限定して継続販売している」と述べた。

 つまりカローラは、正確には「カローラシリーズ」になる。各車の販売内訳を見ると、最も多いのがカローラツーリングで、シリーズ全体の56%を占める。2位はカローラセダンの19%、3位はカローラスポーツの10%、4位は継続生産のカローラフィールダーで9%、5位はカローラアクシオの6%だ。継続生産型が全体の15%を占めるから、設計は古くても大切なラインナップになる。

 それでも圧倒的に多いのは、過半数を占める「カローラツーリング」だ。このタイプに限ると、2020年には1カ月平均で5000~6000台が登録され、ミニバンのヴォクシーと同等の売れ行きになる。

2020年1~7月のカローラシリーズ(セダン、ツーリング、スポーツ)の販売台数

 ちなみに最近はワゴンの車種数が大幅に減った。かつてトヨタは、「クラウンワゴン」「マークIIクオリス&ブリット」「アベンシスワゴン」「カルディナ」「アルテッツァジータ」など豊富に用意していた。しかし現時点で選べるトヨタのワゴンは、「カローラツーリング」と「カローラフィールダー」、それ以外は強いて挙げれば「プリウスα」程度に限られる。

 ほかのメーカーもワゴンを激減させ、今ではスバル「レヴォーグ」、マツダ「マツダ6」、ホンダ「シャトル」くらいしか残っていない。堅調に売られる設計が比較的新しいワゴンは、カローラツーリングとレヴォーグのみだ。そこでなぜカローラツーリングが好調に売れるのかを考えたい。

■販売現場が語る ワゴン人気低迷でもカローラツーリングが売れるワケ

 まずワゴンの車種数の減少がある。日本におけるワゴンは、抜本的に車内の広いミニバンに押されて売れ行きを下げ、車種数も減った。しかしワゴンの需要が消滅したわけではない。需要を車種数が下まわり、コンパクトなワゴンの需要がカローラツーリングに集中した。

 コンパクトワゴンにはシャトルもあるが、フィットをベースに開発されたから、後席と荷室が広い代わりに外観のワゴンらしさが乏しい。ミニバンに近いデザインだから、ワゴンのスマートさを重視するユーザーは、設計も新しいカローラツーリングを選ぶ。

ワゴンボディの新型カローラツーリング。3ナンバー化されながらも全長4495×全幅1745×全高1460mmと適度なサイズ感に抑えられている

 特に中高年齢層のユーザーは、1990年代の中盤に短期間だけ発生したワゴンブームを経験している。この時には、1992年に発売された初代カルディナが、1995年になって登録台数を前年の1.6倍に急増させた。

 トヨタ「ハイラックスサーフ」や三菱「パジェロ」に代わり、トヨタ「カルディナ」、スバル「レガシィツーリングワゴン」、日産「アベニール」などでスキーに出かけるトレンドも生まれた。

 この時代にワゴンを所有したり憧れた世代には、今でもワゴンを好むユーザーがいる。コンパクトで割安なワゴンを探すと、真っ先に候補に挙がるのがカローラツーリングだ。

 このほかにどのような人達がカローラツーリングを購入しているのか、販売店に尋ねると以下のような返答であった。

「従来型を含めて、歴代カローラフィールダーはいずれも好調に売れたので、保有台数も豊富です。そのためにカローラフィールダーから、新型のカローラツーリングに乗り替えるお客様が多いです」

5ナンバーサイズの従来型カローラフィールダー。新型カローラツーリングへの乗り替えも多い

「また今では現行プリウスが発売されて4年以上を経過するため、先代型を含めて、プリウスのお客様がカローラツーリングに乗り替えることもあります。カローラツーリングはワゴンなので、プリウスと同様に荷室が使いやすいです」

「またカローラツーリングのハイブリッドシステムとプラットフォームは、今のプリウスと同じなので、一層乗り替えやすいでしょう。このほか子育てを終えたお客様が、ノアのようなミニバンからカローラツーリングに乗り替えることもあります。さまざまな需要に支えられて、カローラツーリングは売れ行きを伸ばしています」

 カローラツーリング ハイブリッドSの価格は265万1000円、プリウスSは265万5000円だ。従来のヒエラルキーなら、プリウスを上級、カローラツーリングハイブリッドはベーシックな位置付けにしたが、今は価格を含めて並列の関係にある。もはや「安いからカローラツーリング」という選び方ではなく、相応の満足感が得られるためにプリウスからの乗り替えも進んだ。

 このほか2020年5月から、トヨタの全店が全車を販売する体制に移行したことも、カローラツーリングの売れ行きを押し上げた。今までのカローラシリーズは、カローラ店の専売で、店舗数は約1200箇所であった。それが今では全国の約4600店舗で購入できる。

 そうなればカローラツーリングのような人気車は有利だ。逆に以前から全店で売られていた「プリウス」などは、カローラツーリングに顧客を奪われる。2020年5月以降のプリウスの登録台数(少数のPHVとαを含む)を見ると、コロナ禍の影響もあるが、対前年比は30~40%と低迷する。前年に比べて売れ行きを60~70%も落とした。

■長所もあれば短所もあり

 カローラツーリングは、TNGAの考え方に基づく新しいプラットフォームを使って3ナンバー車になったが、日本国内向けのワゴンとして開発された。そのために全長は4495mm、全幅も1745mmに抑えられ、今でもワゴンのなかではコンパクトだ。

 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値はカローラスポーツと同じ2640mmだから、最小回転半径も5.0~5.3mに収まる。3ナンバー車になっても街中で運転しやすい。

 そのいっぽうで、ヴィッツと共通のプラットフォームを使ったカローラフィールダーに比べると、走行安定性、操舵に対する車両の反応、乗り心地が大幅に向上した。内外装の質も高まった。後席の足元空間と荷室の奥行寸法は、カローラフィールダーよりも狭いために乗り替える時は注意が必要だが、ドライバーは満足できる。

ツーリングは3ナンバー車になったが、前後席に座る乗員同士の間隔は、5ナンバーサイズのフィールダーを30mm下まわる。床と座面の間隔も40mm減少している

 カローラツーリングの機能は、ワゴンというよりも5ドアハッチバックに近い。カローラスポーツの全長と荷室の奥行寸法を、それぞれ120mm拡大したのがカローラツーリングになるからだ。居住性はカローラスポーツとほぼ同じになる。

 このような位置付けのクルマは、ほかに見当たらない。コンパクトワゴンならカローラツーリング、ミドルサイズなら新型レヴォーグというのが、今のワゴンの選び方になる。カローラツーリング2WD「S」の価格は、ノーマルエンジンが221万6500円、ハイブリッドは265万1000円だ。

 新型レヴォーグは1.8Lターボと4WDを全グレードに搭載して、最も安い「GT」が310万2000円、アイサイトXや11.6インチセンターインフォメーションディスプレイなどを標準装着した買い得グレードの「GT EX」は348万7000円になる。このようにカローラツーリングは、3ナンバー車になった今でも、使い勝手の優れた買い得なワゴンであり続けている。

 ただしワゴンの車種数は、依然として少ない。後席や荷室がカローラツーリングよりも広く、なおかつレヴォーグよりも価格の割安な車種が必要だろう。そこに当てはまる車種がないこともあり、多くのユーザーがSUVを選んでいる。

 国内市場に合ったワゴンを開発して、低重心による優れた走行安定性と乗り心地、つまり「安心と快適」をアピールすれば、国内新車市場のワゴン比率が2~3%という低迷には陥らないだろう。

【画像ギャラリー】好調な販売を続けるカローラツーリング その詳細をチェック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します