現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 字幕付き動画 フェラーリ488ピスタ・スパイダーに試乗 同カテゴリー内で最良

ここから本文です

字幕付き動画 フェラーリ488ピスタ・スパイダーに試乗 同カテゴリー内で最良

掲載 更新
字幕付き動画 フェラーリ488ピスタ・スパイダーに試乗 同カテゴリー内で最良

もくじ

ー 一生に3台のクルマを選ぶなら
ー 488ピスタ・スパイダー 試乗の印象

初試乗 フェラーリ488ピスタ・スパイダー 100kg増 NAの甲高い咆哮が懐かしい

一生に3台のクルマを選ぶなら



数カ月前、ツイッター上でアンケートを取りました。一生に3台のクルマだけ乗れるとしたら、何を選びますか? レンジローバーやアウディRS6などが挙がり、911という意見も多いです。しかし特に目立ったのが、フェラーリ458スペチアーレ・アペルタです。

V8搭載のスーパーカーが人気ということでしょう。それもハンドリングが素晴らしく、屋根の開くクルマ。これはその後継、488ピスタ・スパイダーです。ターボを搭載してもドリームカーと言えるのでしょうか。

クーペの488ピスタと違う点は、わたしのスキンヘッドに日差しがあたることくらいでしょう。およそ12秒間で開閉する電動ハードトップにより、車重がおよそ100kg増加しています。とは言えピスタは488よりも90kg軽量化され、通常の488とほぼ同じ車重に戻っています。もちろん488スパイダーより軽量です。

そして488チャレンジ譲りの720psのエンジンが7速DCTと組み合わされます。間違いなく世界最高のツインクラッチのひとつでしょう。他のフェラーリ同様、カーボンセラミックブレーキは標準装備です。ステアリングはクイックですが、ダンパーは荒れた路面用のソフトなモードも用意されます。

価格は25万ポンド(3428万円)ほどで、すでに完売しています。インテリアはクーペの488ピスタと同じくカーボンとアルカンターラが多用され、マネッティーノやステアリングのインジケータも同じです。唯一の違いはカーペットやダッシュボードのバッジくらいでしょう。

F8トリブート登場前の最後のはなむけとしてフェラーリが送りだしたこのクルマの個性は強烈です。ピスタとはサーキットを意味し、488のハードコア版ということです。スパイダー化により剛性が失われるばかりか、重心高や重量配分にも良くない影響をあたえるでしょう。幸いもともとの軽量化のおかげで大きな重量増はありません。

488ピスタ・スパイダー 試乗の印象

3週間ほど前、720Sとの比較でクーペに試乗しました。わたしはクーペのピスタが好みです。短期間に乗り比べてみれば違いがわかります。

確かにわずかに重く、ロール量も大きいことを感じます。そしてレスポンスもわずかに鈍いでしょう。荒れた路面でバックミラーに映る景色のブレ方も違います。

これはクーペとの剛性の差によるもので、マクラーレンなどのようにカーボンファイバー・タブでないこともその理由です。マクラーレンのスパイダーほど剛性が無いこともわかります。みなさんも乗り比べたらわかるでしょう。しかしこれはそれほど大きな問題ではありません

確かに最高のハンドリングを持つのはスパイダーでなくクーペですが、スパイダーも十分すぎるほど楽しめるクルマです。電子制御はモードにより許容されるスリップアングルが変わります。

電子制御のLSDが装着されているのも魅力のひとつです。マクラーレン570Sや720スパイダーにはブレーキステアなどの装備はありますが、デフはオープンです。

直線の速さやグリップやラップタイムではなく、シャシーの魅力の話です。ミドエンジンかつオープンのスーパーカーと言えば、488ピスタがベンチマークとなるでしょう。

乗り心地も良く、ハンドリングも完璧で、本当に楽しめるクルマです。ふつうに走る分には488スパイダーで十分かもしれません。それにサウンドの官能性では458に劣ります。

しかしこの類の現行スーパーカーでは間違いなく最も愉快なクルマでしょう。

こんな記事も読まれています

PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
AUTOSPORT web
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
レスポンス
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
motorsport.com 日本版
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
月刊自家用車WEB
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
バイクブロス
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
くるまのニュース
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
カー・アンド・ドライバー
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
Merkmal
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
Webモーターマガジン
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
THE EV TIMES
タイ、それとも韓国か。F1、アジアでのさらなるグランプリ開催を検討。好調アメリカでの“4戦目”には興味ナシ?
タイ、それとも韓国か。F1、アジアでのさらなるグランプリ開催を検討。好調アメリカでの“4戦目”には興味ナシ?
motorsport.com 日本版
ランボルギーニが新型レコードプレーヤーを6月発売へ…V12サウンド収録のアナログ盤が付帯
ランボルギーニが新型レコードプレーヤーを6月発売へ…V12サウンド収録のアナログ盤が付帯
レスポンス
新しいポルシェのエンジニアは「AI」!?  完璧なサウンドを追求するポルシェ
新しいポルシェのエンジニアは「AI」!? 完璧なサウンドを追求するポルシェ
LE VOLANT CARSMEET WEB
「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
くるまのニュース
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
AUTOSPORT web
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4454.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8980.010000.0万円

中古車を検索
488ピスタスパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4454.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8980.010000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村