サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バイクを寝かせることが怖くない! 穏やかさを逆手にとって『Vストローム650XT』でワインディングも全力投球!?【SUZUKI V-Strom650XT ツーリングインプレ/レビュー コーナリング編】

ここから本文です

バイクを寝かせることが怖くない! 穏やかさを逆手にとって『Vストローム650XT』でワインディングも全力投球!?【SUZUKI V-Strom650XT ツーリングインプレ/レビュー コーナリング編】

高速道路から一般道まで『穏やかさ&優しさの塊』みたいなVストローム650XT。でも穏やかなバイクじゃワインディングはツマラナイ?

Vストローム650XTは『安定志向』だからこそ
ロングツーリングでとにかく疲れない。

250ccアドベンチャー&オフロードバイクの燃費を比較

高速道路から一般道まで、1000ccオーバーの大型アドベンチャーにだって全然負けない快適性能を持つVストローム650は本当に奇跡レベルのバイクです。

そして、その『疲れない理由』については、これまで申し上げてきた通りですが……穏やかで安心感が高いだけじゃバイクとして面白くない!ですよね。

【一般道編】からの続きです

バイクの楽しさには色んなカタチがありますが、のんびりツーリングを楽しむにあたって必要とされる性能は、Vストローム650XTに完璧に装備されています。

だけど!

バイク乗りってのは欲張りなものですから『それ以上』も求めちゃうのです。

Vストローム650XTならOK
そして、恐るべきことにVストローム650XTはワインディングを走るのまで、けっこう楽しい!と先に結論をぶっちゃけておきます。

私(北岡)は個人的にかなり好き。

その走りはスーパースポーツ的にクイックなものじゃないんだけど、なかなかどうして、楽しいんですよ!

コーナリングまで『Vストローム650XT』はド安定
これまでの【高速道路編】や【一般道編】で散々言ってきたことですが、Vストローム650XTっていうバイクは基本的に超がつくほどの安定志向です。

だから、ワインディングのコーナーでもバイクの動きはおおらか。鈍重ではないけれど、基本は穏やかに車体が寝ていきます。

・深いバンク角が怖くない
そのせいでVストローム650XTは、車体を深く寝かせていくことに恐怖感をほとんど感じません。

寝かせていっても安定感は消えないし、前後輪ともに接地感がきっちりある。

正直に言いますけど、コーナーの進入でフロントブレーキでがんばって、前輪荷重をかけて突撃!みたいな走り方は似合いませんし、別にそれほど楽しくない。

ブレーキは薄くでいいから、コーナーの曲率と自分の感覚に合ったスピードまで適度に減速。

持ち前の安定感を活かして、目の前のコーナーをクリアできるバンク角まできっちり車体を寝かせる。

・バンク角の快感
ここです。ここでVストローム650XTは『狙ったバンク角まで自然に寝かせていける』んです。

それがけっこう深い角度でも大丈夫。ライダー側はほとんど技術を要求されません。

本当にしれっと、いつの間にかバイクが深く寝ちゃってる感じ。

ふと気づくと、けっこう路面が近い……

その時に『おおー、けっこう寝かせて走れてるぞ!?』って、まず単純にそれが楽しい、というか嬉しい。

深いバンク角で曲がること。それもバイクのコーナリングの楽しみのひとつですからネ。

Vストローム650XTは『加速して曲がる』のが面白い!
しかも、そこから『躊躇なくスロットルを開けていける』んだからたまらないんです。

その感覚は私(北岡)の愛車である2代目『隼』様に通じるものすら感じます。隼も強い安定感が大きな武器になってるバイクで、そういうところは少し似てるかも。

そしてスズキの傑作エンジンのひとつに数えられる650ccの水冷Vツインエンジンは、スロットルオンでわかりやすく後輪が路面を捉えてくれます。

・スピードより『満足感』が高い
高速コーナーでは加速しながら曲がっていく時のオンザレール感が最高だし、タイトなヘアピンカーブでは自在に深く寝かせられることに快感があります。

スピードで言えば純粋なスポーツバイクには敵わないんでしょうけれど、ライダーの感覚としては、そこはあまり関係ありません。

だってこの走り、シンプルに『楽しい』んですもの。

快適なだけじゃないから『Vストローム650XT』にはファンがいる
ぶっちゃけた話、バイクっていうのは速さを求められるレーサーでもない限り『自分が走っていて楽しい』ことのほうが大事だと私は思ってます。

秘めたポテンシャルを引き出せずじまいで恐る恐る走るより、自信をもって操れるほうが何倍もワクワクできる。

そういう意味で、Vストローム650XTは最高にコーナーも楽しいバイクです。

だけどこれ『遅い』ってことじゃありませんからね?

(下に続きます)

【こちらも人気】

こういうのってビビりながら走るよりも、思い切って運転できるほうが、結果的にも速かったりするものです。

そして、持てるチカラを引き出して走っているような達成感、そして満足感がVストローム650XTはすごく強い。

疲れない、快適なツーリングバイクってだけじゃない。

走ることそのものまで楽しい魔法のバイク。

だからこそVストローム650XTには、このバイクを絶対的に信じる、揺るぎないファンが定着しているんです!

よろしければ【比較編】からお読みくださいね!
続きはこちら!

最初の【比較編】に戻る

スズキファンのためのWEBサイト!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します