サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ヤマハ開発リーダーに訊く(2)|開発の肝はコミュニケーション。“ひとつの目標”に向かう組織作りが奏効

ここから本文です

 2019年からヤマハのモトGPグループのグループリーダーを務める鷲見崇宏氏にシーズンの振り返りや展望を訊くインタビュー第2回。今回は氏を中心としたヤマハの組織内部での変化、そして2020年の開発の展望について語ってもらった。

 ヤマハは2016年にECU(エンジンコントロールユニット)がソフトウェアも含めて統一化されると、徐々に苦戦していった。 

■ヤマハ開発リーダーに訊く(1)|“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』

 2018年シーズンは、ヤマハにとってかつて無いほど厳しい年になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ