サイトトップへ

サイト
トップへ

地震情報 2020年2月17日 12時43分 気象庁発表
2月17日12時40分ごろ地震がありました。
[震源地] 茨城県南部  [最大震度] 3 今後の情報にご注意ください。詳細
地震の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について

現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 250cc 4気筒 vs 2気筒『手の内にある超絶』を もう一度[#05 メカニズム&ディテール]

ここから本文です

250cc 4気筒 vs 2気筒『手の内にある超絶』を もう一度[#05 メカニズム&ディテール]

誌面に未掲載の写真も多数!

4気筒 CBR250RR(MC22):カムギアトレインが生む超高回転域の信頼性

250cc 4気筒 vs 2気筒『手の内にある超絶』を もう一度[#04 ストリートでの意外な扱いやすさ]

クラス唯一のカムギアトレインを採用し、正確なバルブ開閉と低フリクション化を実現した高回転ユニット。最高許容回転数19000rpmはカワサキZXR250と並ぶ250cc 4気筒車の最高値だ。クランクシャフトはフルバランス型を採用し、高回転時の慣性力を相殺。コンロッドボルトには新開発の高強度新材を用い、大端部の強度と剛性が大幅に引き上げられた。軸径をφ3.5mmまで小径化した吸排気バルブは、排気側に高級素材のインコネルを採用する。

2気筒 CBR250RR(MC51):クラス唯一のエンジンモード

アルミシリンダースリーブやモリブデンコーティングが施されたピストンなどによってフリクションの低減を徹底。また、クラス初のスロットル・バイ・ワイヤを採用することによって電子デバイスも充実。ライダーの好みや走行シーンに応じて、スポーツ+/スポーツ/コンフォートという3パターンの出力特性が選べる。

4気筒 FZR250R:革新の排気デバイス、EXUPを採用

軽量ピストンやピストンクーラーを採用し、MC22に負けず劣らず、最高18000rpmまで許容する高回転型ユニット。シリンダー角は路面に対して45°前傾して搭載され、低重心化による軽快なハンドリングも実現している。また、エキゾーストパイプ内部に排気デバイスを装着し、パワーのみならず、リニアリティと扱いやすさが追求された。

2気筒 YZF-R3:レスポンスと低燃費のトルク型ユニット

60mmのボア径を持つR25のエンジンに対し、R3は68mm。ゆとりのある加速フィーリングを実現している。内部にはアルミ鍛造ピストン、浸炭コンロッド、DiASilシリンダーなどが採用され、スムーズな回転フィールを持つ。

CBR250RR(MC22):軽量コンパクトなLCGフレーム

CBR250RR(MC51):しなやかなトラスフレーム

FZR250R:軽量なデルタボックス

YZF-R3:安定感のあるロングスイングアーム

現行モデルはLEDが標準

各車のメーターまわり

(誌面では掲載しきれなかった)Styling & Detail

Detail Atmosphere

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します