現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホンダMotoGP、2024年は元スズキのダビデ・ブリビオをチームマネージャーに起用?

ここから本文です

【MotoGP】ホンダMotoGP、2024年は元スズキのダビデ・ブリビオをチームマネージャーに起用?

掲載
【MotoGP】ホンダMotoGP、2024年は元スズキのダビデ・ブリビオをチームマネージャーに起用?

 MotoGPに参戦するホンダは2024年以降のチームマネージャーとして、元スズキのダビデ・ブリビオを獲得しようとしているという噂が立っている。

 ホンダはここ数年苦しいシーズンが続いており、2023年もランキングでは最下位を争っている。そうした中、今年から新たにテクニカルディレクターとしてMotoGPを撤退したスズキから河内健を獲得するなど、人材面から改善を目指す動きも出ていた。

■“出来すぎな”タイトル。監督ブリビオ、スズキ100周年での戴冠を語る

 そしてホンダは2024年に向け、さらに元スズキ勢を取り込むことを考えているようだ。

 ドイツのSpeedweekが報じたところによると、来シーズンにホンダはスズキMotoGPでチームマネージャーを務めていたダビデ・ブリビオを獲得し、現在のアルベルト・プーチに変えてチームマネージャーに据える可能性があるという。

 ブリビオは2004年にバレンティーノ・ロッシのヤマハ加入を実現させたキーパーソンの1人で、その後ヤマハはロッシと共に躍進を見せた。

 ヤマハを離れた後、ブリビオは2015年にMotoGPへ復帰したスズキに合流し、手腕を発揮。2020年にはジョアン・ミルと共に20年ぶりの最高峰クラス王者をチームにもたらした。

 ただ2021年からブリビオはF1の世界へと転向。アルピーヌでレーシングディレクターを務めることを選んだ。ただ彼は現在F1チームからは外れており、若手ドライバープログラムに関わっている。

 アルピーヌとの契約は今年で終了すると報じられているため、来年のホンダ加入が考えられないわけではない。しかしブリビオはSpeedweekの別のニュースではホンダとのつながりを否定しているため、単なる噂で終わる可能性も考えられる。

 何れにせよ、ホンダは前述のとおり非常に苦しい状況が続いている。ブリビオの加入が実現するかどうかはまだ分からないが、注目のトピックとなるのは間違いないだろう。

こんな記事も読まれています

「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
乗りものニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
くるまのニュース
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
バイクのニュース
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
AUTOSPORT web
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
ベストカーWeb
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
Auto Messe Web
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
WEB CARTOP
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
くるまのニュース
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
レスポンス
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
motorsport.com 日本版
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村