サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつて日産の追浜はワークス開発部隊が…今ではちょっとゆるいテストコースに!|木下隆之の初耳・地獄耳|

ここから本文です

■ちょっとゆるい?テストコースがある

自動車メーカーが所有するテストコースの入場制限は厳しい。というのも、ここには極秘が詰まっている。発売前の車両が日々走行を繰り返しているばかりか、将来の経営を担う先進技術のテストが繰り返されることも少なくない。カメラとペンを武器に、ベラベラと情報をたれ流すことを生業としているマスコミなど、できれば退けたい対象なのだ。

「これがスバル1000だ!」のスクープは大ハズレ。でもこれって幻の…【東京オリンピック1964年特集Vol.15】

だというのに、僕らがテストコースに呼ばれることがあるのは、発売前の極秘車両をドライブさせるためである。外界から遮断されているテストコースは、未発表モデルを走らせるには都合がいいからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ