サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 都会派コンパクトクロスオーバーSUVのレクサスUXが大幅改良を実施

ここから本文です

都会派コンパクトクロスオーバーSUVのレクサスUXが大幅改良を実施

レクサスが人気クロスオーバーSUV「UX」の改良モデルを発表。たゆまぬ進化を追求していくAlways Onの思想に基づいた走りと先進装備のアップデートを敢行。発売は今夏を予定

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは2022年5月13日、都会派コンパクトクロスオーバーSUV「UX」の改良モデルを発表した。発売は今夏を予定する。

レクサスならではのドライビング体験を提供する新型BEVの「RZ」が世界初公開。発売は今冬を予定

 今回の改良は、たゆまぬ進化を追求していく“Always On”の思想のもと、上質ですっきりとした奥深い走りの味の深化と、予防安全技術の機能拡充、最新のマルチメディアシステムを組み込んだ先進装備の進化などを果たしたことが特徴。車種展開は従来と同様、ハイブリッドモデルのUX250hとガソリンエンジンモデルのUX200を設定し、スポーティ志向の
F SPORTもラインアップする。

 まずは走りの味の深化から解説していこう。
 基本骨格となるボディは、サイドドアおよびバックドア周辺の開口部のスポット溶接打点を計20点追加して剛性を向上。そのうえで、EPSやショックアブソーバーなどのセッティングを最適化し、テストの本拠地であるToyota Technical Center Shimoyamaで徹底的な走り込みを行って、あらゆる走行シーンで減速・操舵・加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を実現する。また、静粛性の向上を狙って新しい18インチランフラットタイヤをブリヂストンと共同開発。トレッドパターンなどを工夫することによって、ロードノイズを低減した。

 F SPORTの走りの進化も鋭意追求する。足回りにはパフォーマンスダンパーとAVS(Adaptive Variable Suspension system)を標準で装備。車両後方に組み込んだパフォーマンスダンパーによってボディに生じるしなりや微振動を速やかに吸収し、ハンドリングの特性をいっそうシャープにするとともに、乗り心地と静粛性を向上。さらに、減衰力切り替え応答に優れたAVSを配し、大きなうねりと細かな凹凸が複合した路面でもフラットな姿勢の維持とショックの遮断を両立して、優れた操舵応答性、安定感、快適な乗り心地を成し遂げた。また、ステアリングギアにブレースを追加することで、操舵応答性をさらに向上。ドライバーの操作に忠実でスポーティな走行性能を達成する。一方でインテリアには、F SPORT専用のスポーツシート、ステアリング、シフトノブ、メーター、アルミ製スポーツペダルに加えて、アルミ製フットレストとスカッフプレートを新たに採用。F SPORTの走りのイメージとスポーティさをさらに強化した。

 予防安全技術に関しては、Lexus Safety System+の機能を拡充したことが訴求点。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大したほか、車線認識にAI技術を活用することで支援範囲を拡大した「レーントレーシングアシスト(LTA)」、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するカーブ速度抑制機能を追加した「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、自損・加害事故の回避および事故被害の低減を支援するドライバー異常時対応システムなどを採用する。また、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、画面からの操作によってドアのロック/アンロックやスタートスイッチによるエンジン始動が可能となるデジタルキーを設定。さらに、車両の前後左右に搭載したカメラの映像を合成してセンターディスプレイに表示するパノラミックビューモニターもバージョンアップし、過去に撮影した路面の映像を車両直下に合成表示することで車両下方の路面状況やタイヤ位置などの把握を補助する床下透過表示機能を追加した。

 マルチメディアシステムについては、直感的な使いやすさを追求した最新のシステムを搭載。ナビや音楽、車両設定などの各種メニューの選択スイッチを運転席側に常時アイコンで表示することで優れたアクセス性を実現するとともに、画面全体のレイアウトも情報の粒度に応じて表示エリアを分け、使いやすさを向上させる。また、クラウド上の地図情報を活用して交通情報や駐車場の空き情報をリアルタイムで取得するコネクティッドナビを採用。さらに、ステアリングのトークスイッチ操作による起動に加えてディスプレイのマイクアイコン操作や音声による起動を可能とした音声認識機能、従来のUSB接続のほかにWi-Fiによる無線接続にも対応したApple CarPlay、従来の車両設定(ドライビングポジションなど)に加えてナビやオーディオなどのマルチメディアの設定にも対応したマイセッティング機能、DCMによる無線通信でソフトウェアの更新が可能となるOTAソフトウェアアップデート機能などを組み込んだ。

 コクピットの使い勝手の向上を果たした点も見逃せない。大型化/高解像度化した12.3インチおよび8インチタッチディスプレイは、よりドライバー側に接近して配置することで、運転姿勢を崩さずにタッチ操作が可能。また、ディスプレイのタッチスクリーン化に即してインパネおよびコンソール周辺の形状やスイッチレイアウトを最適化し、インパネセンターに設置していたシートヒータースイッチ等をコンソール上部に配して、それによって生まれたコンソール前方のスペースに充電用USBコネクタ(Type-C)を新たに2個設定する。加えて、おくだけ充電のスペースを上下方向に拡張し、上部にLED照明も追加することで使い勝手を向上させた。

 なお、プラットフォーム(GA-C)を共用するBEVのUX300eに関しては、基本的に既存モデルを継続する予定である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します