サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 公道を定時・定路線で自律運行バスが運行 自治体で初 茨城県・境町

ここから本文です
境町(茨城県)は1月27日、ソフトバンクの子会社で自動運転サービスを手がけるSBドライブ、マクニカ(原一将社長、横浜市)の協力を受けて、2020年4月から町内の移動手段として自律走行バスを定時・定路線で運行すると発表した。自治体が自律走行バスを公道で運行するのは初めて。

境町は、高齢者の免許返納の増加や、鉄道の駅の不足、バスやタクシードライバーの不足などによって、高齢者の移動手段確保という課題を抱えている。今回、SBドライブとマクニカの協力を得て、自律走行バスを運行させることで、住民が移動できる環境を構築する。

おすすめのニュース

サイトトップへ