現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「カローラクロス」が初じゃなかった? 歴代「SUV風カローラ」を振り返る

ここから本文です

「カローラクロス」が初じゃなかった? 歴代「SUV風カローラ」を振り返る

掲載 更新 10
「カローラクロス」が初じゃなかった? 歴代「SUV風カローラ」を振り返る

クロスオーバーモデルは「カローラクロス」だけにあらず?

 まだまだ衰える気配のない世界的なSUVブーム。国内外のメーカーが魅力あるモデルを数多く投入しており、9月14日にはトヨタが新型の『カローラクロス』を国内デビューさせた。

「2000万円出すと言われてもこれだけは手放さない」! オーナーが語る「AE86に惚れ込んだ理由」

 カローラといえばセダンを核にクーペやハッチバックなど、さまざまなバリエーションがあることで知られており、SUVテイストを漂わせた派生車種も少なからずある。その歴史と代表的なモデルを振り返ってみたい。

そもそもカローラには代々ワゴンが設定されていた

 少しカテゴリーの幅を広げて考えれば、パイオニアと呼べるのは1982年に発売された、いわゆる70系のカローラワゴンだろう。SUVというよりは商用車に近い立ち位置だが、ワゴンとしての3代目に当たる100系は洗練されたデザインや、165psを絞り出す最終型4A-GEエンジンを搭載したグレードもあり、従来のビジネスユーザー以外からの人気も高かった。

 2000年からカローラのステーションワゴンは、ネーミングを一新し『フィールダー』となる。初代の120系はセリカと同じ1.8Lで190psの2ZZ-GEに、6速MTを組み合わせたホットモデルが設定された。

 続く140系ではTRDがターボによるチューニングを施した、コンプリートカー『カローラフィールダー“GT” TRD Turbo』も。

 さらに3代目ではシリーズ初となるハイブリッド車が途中で追加、2019年からは名称を『カローラツーリング』とあらため(フィールダーも併売)現在に至る。

カローラクロスフィールダー

 以上はすべてステーションワゴンであり、SUVと呼ぶには抵抗があるかもしれない。そのなかにあって注目したいモデルは、2015年に発売された『クロスフィールダー』だ。

 3代目の160系フィールダーをベースに、モデリスタが作り上げたコンプリートカー。

 スキッドプレートを意識させる前後スポイラー、プロテクター風のフェンダーガーニッシュ、タフで骨太なデザインのホイールなどにより、大自然のなかに佇む姿が似合うアクティブなスタイルに仕上げた。

 最低地上高はカタログモデルと変わっていないものの、カローラのシリーズでは初めての本格的なクロスオーバーといえるだろう。

カローラトレック

 日本に先駆けてSUVブームが訪れたヨーロッパでは2019年、カローラツーリングスポーツにクロスオーバーの『カローラトレック』が追加された。

 20mm高めた最低地上高により走破性が向上し、専用デザインの17インチホイールや前後バンパーの下に装着された樹脂製ガード、ほかにも各部にパーツが追加されボディサイズはわずかに拡大。

 ちなみにカローラトレックはスポーツサイクルの世界的なブランド、アメリカの『トレック』とのコラボレーションで誕生したモデルだ。

スプリンターカリブ

 最後はカローラの兄弟車『スプリンター』から誕生した、クロスオーバーSUVの始祖ともいえる『スプリンターカリブ』を紹介したい。1982年に登場した初代こそカローラ系ではなくターセル系がベースだったが、居住性や積載性に優れる背の高いボディと広いラゲッジ、さらに全グレードが4WDで雪国やアウトドア好きから高く支持された。 

 2代目の95型は上位グレードに油圧で地上高が30mm上がる、ハイドロマチックサスペンションを採用。

 ベースであるセダン型のスプリンターがフルモデルチェンジしたあとも販売は続き、1995年に110型へバトンタッチするまで7年半というロングセラーモデルだった。

 最終型となる3代目も基本的なコンセプトは引き継ぎながら、2WDやカローラワゴンと同じ4A-GEを搭載したグレードを設定。

 2代目と3代目に設定された背面スペアタイヤや大型のフォグランプなどを備える、ワイルドさを強調した特装車『フィールドハンター』も忘れてはいけない1台だ。

こんな記事も読まれています

公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
レスポンス
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
レスポンス
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
くるまのニュース
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
バイクのニュース
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
motorsport.com 日本版
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
カー・アンド・ドライバー
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
くるまのニュース
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
WEBヤングマシン
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
バイクのニュース
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
コネクテッドサービスと安全装備が充実しても補助金使えば200万円から! 一部改良で「ekクロス EV」はさらに人気街道まっしぐら
WEB CARTOP
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
セナカラーでモナコ戦うマクラーレン、あえて”パパイヤカラー”残した理由を明かす
motorsport.com 日本版
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
自工会、取引適正化の自主行動計画に「コスト上昇分を全額転嫁」を明記
日刊自動車新聞
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
アリデヴェルチ、V10!4台のランボルギーニ ウラカン(STO、ステラート、スパイダー、テクニカ)との最後の旅
AutoBild Japan
東名~下田直結「伊豆縦貫道」全通へ”最後の難所”進行中!?「天城峠道路」事業化で「クネクネ峠越え」ついに解消近し
東名~下田直結「伊豆縦貫道」全通へ”最後の難所”進行中!?「天城峠道路」事業化で「クネクネ峠越え」ついに解消近し
くるまのニュース
[ハーレー試乗インプレ] 2024 ロードグライド:過去最大の開発費を投入。ブランドを代表する新モデルがお値段据え置き!?
[ハーレー試乗インプレ] 2024 ロードグライド:過去最大の開発費を投入。ブランドを代表する新モデルがお値段据え置き!?
WEBヤングマシン
【人とくるまのテクノロジー展 2024】今と未来の技術トレンドをチェック…来場者数2割増でスタート
【人とくるまのテクノロジー展 2024】今と未来の技術トレンドをチェック…来場者数2割増でスタート
レスポンス

みんなのコメント

10件
  • カリブってせっかくボケようとしたら、おいカローラじゃなくてスプリンターじゃねーかw
  • 2代目 AE95G型カッコ良かったな
    この時代のトヨタ車はオリジナリティが有って何れも魅力的な車が多かった
    積載量が有って雪道・山道に使えて普段の足としても丁度良いサイズ
    まっ、そもそも良い時代だったけどね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.3200.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0159.0万円

中古車を検索
カローラツーリングワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.3200.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0159.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村