サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「R35GT-Rで6.1chの音響空間を構築!」往年のアルパインF♯1ステータスを軸に誰もが羨む音質と迫力を実現

ここから本文です

「R35GT-Rで6.1chの音響空間を構築!」往年のアルパインF♯1ステータスを軸に誰もが羨む音質と迫力を実現

妥協のない作り込みで実現した迫力のLAサウンドスタイル!

イエローハットのオーディオ部門が手がけた大作!

「500馬力でも10年間ノントラブルのランエボ7!」筑波を1分切りで周回する快速チューンドに迫る

デモカーながらその技術をアピールしすぎることなく“乗りたい”と思わせる作り込みで、誰もが憧れを抱くクールなカスタム。このR35GT-Rは22インチの“アメ鍛”が表すように、LAラグジーを意識したインストールが魅力だ。手がけたのはイエローハット横浜港南店。

内装は、ダッシュボードからルーフライニングに至るまでバックスキンで張り替え、さらに天井にはオリジナルのLED照明をプラス。そこに、かつて一世を風味したアルパインF♯1ステータスとアメリカンオーディオブランドのキッカーを組み合わせることにより、ハイエンド6.1chサラウンドが構築される。

F♯1ステータスはDVDヘッドユニットとプロセッサーが核となる、ハイエンドオーディオシステムだ。これをインストールするにあたり、純正オーディオは不要となるわけだが、R35の場合、車両マネジメントシステムに組み込まれるためそうはいかない。そこで、センタークラスターのオーディオ&エアコン操作パネルをグローブボックスに移設し、空いたスペースにヘッドユニットをインストール。そこからプロセッサー、アンプ、そして6.1chスピーカーと、新規のオーディオシステムを組み込むという流れだ。細部を見ていこう。

●フロントセクション

グローブボックスを開くと、純正のオーディオ&エアコン操作パネルが姿を現す。この移設によって、センタークラスターにまるで違和感なく2DIN分のオーディオユニットのインストールを実現。この移設の難易度は低いものではないが、形状的な無理がないため、R35オーディオカスタムの許容度の高さを示したと言える。


黒のバックスキンで張り替えたダッシュボード中央に、センタースピーカーがインストールされる。使用しているスピーカーサイズは13cm口径のものだ。


フロントLRスピーカーは、ミッドベースをドアに、ツィーターをAピラーにマウントし、それぞれアンプの駆動チャンネルを分けた“マルチ方式”が採用される。さらに、フロントLRのみ16.5cm口径のミッドバスを使用し、運転席まわりに音の厚みを生み出しているのだ。

●リヤセクション

この車両は、BOSEサウンドシステム非搭載のベースグレード。シートバックセンターの純正リヤスピーカーを外し、リヤバルクヘッドの鉄板をカットして、25cmスクエアのサブウーファーとともにリヤセンタースピーカーも装備。キッカーのユニットデザインや、ルーフ照明とのデザインマッチングも考慮されている。

LRチャンネルは、リヤシート用のアームレスト部トリムを加工してマウントしている。

●アンプ&プロフェッサー

F♯1ステータスのマルチチャンネル化に必須となるプロセッサーは、助手席足元の車載工具収納スペースに搭載。なお、高度な演算能力で車室内の音場セッティングが可能だが、フロントスピーカーのマルチ駆動を採用したことによりプロセッサーのチャンネルが不足するため、プロセッサーはサラウンドデコーダーとしてのみ使用される。

トランクの3枚のパワーアンプはライティングの妙によって、浮いているように見せるレイアウトを採用。キッカーSXシリーズアンプは、32ビットのデジタルプロセッサーを内蔵しており、精細なサウンドコントロールも可能だ。

このR35GT-Rは、SXアンプのプロセッサーによって音場セッティングが行われていて、そのリモートコントローラーはフロントのサングラスホルダーに収納されている。細部にまで拘ったカスタムオーディオメイク、流石である。

●取材協力:イエローハット横浜港南店 神奈川県横浜市港南区野庭町49-2 TEL:045−840−0222

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します