サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超名門商用車マツダ ボンゴ終了 89年続いた商用車独自開発からなぜ「いま」撤退?

ここから本文です

 1966年に誕生し、現行モデルは20年という異例の長期間にわたって現役を続けてきたマツダの商用車「ボンゴ」が、2020年5月13日に生産終了していたことがわかった。

 これは当サイトの取材に対して、マツダ広報部が回答したもので、ボンゴバンが5月13日をもって生産終了。そして、ボンゴトラックも今年度中に生産終了の予定だという。

【100周年記念車も登場!】CX-3に軽快に走れる1.5Lガソリンモデルが追加に!!

 現在、ボンゴを除くマツダの商用車はすべて他社が開発するOEM車となっているが、唯一自社開発モデルだったボンゴも、誕生から54年あまりの歴史に幕を降ろすことになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ