サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイブリッドに不利な場面はあるのか? NAエンジンよりも不利な要素がこんなに多かった!

ここから本文です

 毎月発表される販売統計を見ると、日本国内で新車として売られる小型/普通乗用車の内、ハイブリッドが38~40%を占めているのがわかる。モーター駆動を併用しないNA(自然吸気)ガソリンエンジン車の比率は50%少々だ。

 最近では新型ヴェゼルの受注内訳を見ると、93%がハイブリッド、ヤリスクロスも7、8割がハイブリッドと、ハイブリッドの人気が高まっているのがわかる。

効率化の裏で原点回帰の傾向も!? 世界戦略車の「光と影」

 しかし、本当にハイブリッドはすべての面においてガソリンエンジンよりもいいのか? ハイブリッドに不利な場面はないのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン