サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本田技術研究所と楽天、自動配送ロボットの実証実験を筑波大で開始 交換式バッテリー採用

ここから本文です

 本田技術研究所と楽天グループは19日、自動配送ロボットの走行実証実験を同日から共同で開始したと発表した。ホンダが開発した交換式バッテリーで動く自動配送機能付き車台に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載したロボットを茨城県の筑波大学構内などで走らせる。

 ラストワンマイルの配送手段としての実用化を目指し、自動配送ロボットを活用した商品配送サービスの技術検証やデータ収集、ニーズの把握などにつなげる。

ZMPとENEOS、自動走行宅配ロボを活用したデリバリーインフラ構築 2023年に本格サービス 食料品や日用品を配送

 実証実験は筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む全長約500メートルの区間で実施する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン