現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブラバスがAMG「S63カブリオレ」を劇的ラグジュアリーに! ホイールはディッシュが今風

ここから本文です

ブラバスがAMG「S63カブリオレ」を劇的ラグジュアリーに! ホイールはディッシュが今風

掲載 更新 13
ブラバスがAMG「S63カブリオレ」を劇的ラグジュアリーに! ホイールはディッシュが今風

■ノーマルですでに傑作モデルである「S63カブリオレ」をカスタマイズ!

 2016年、ラグジュアリーの伝統を継承したともいえるメルセデス・ベンツ「Sクラス・カブリオレ」が復活した時の感動は、個人的には今でも忘れることのできない記憶だ。

最高速度315キロ!「ウルス」を軽くブッちぎるSUV「RS Q8-R」が誕生!!

 Sクラスにカブリオレが復活したのは、実に44年ぶりのことであった。その優美なデザインは、発表会のために来日したエクステリア・デザインのマネージャー、アヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏をして、「ほぼ半世紀に一度の傑作、デビューした瞬間にコレクターズアイテムになる」と断言させるほどに魅力的なものであった。

 ラグジュアリーの極みともいえるSクラス・カブリオレを、メルセデス・チューニングのトップ・ブランド、ブラバスがチューニングしてみせた。

 硬派でスポーティなモデルを作り出すことでは、すでに世界がその実力を認めるブラバスだが、はたしてSクラス・カブリオレという素材には、どのような方向性で挑んだのだろうか。

 今回のチューニングで、大きな役割を果たしているのは、ハノーバーに本社を構えるFostla.de社だった。

 同社はラッピングの世界ではドイツを代表するスペシャリストで、今回もSクラス・カブリオレを、見事なダークグリーン系のボディカラーに変身させることに成功している。

 つまりカスタマーは、自分の好みのボディカラー(たとえそれが純正色として用意されていなくても)を探さなくても、彼らのテクニックによって、完全にリクエストどおりのカラーによる1台を入手することが可能になるのだ。

 ちなみにブラバスとFostla.deの両社は、現在お互いに提携関係を結んでおり、ブラバスからラッピングを依頼することも、逆にFostla.deからブラバスにチューニングのオーダーを出すこともできるようになっている。

■カスタムポイントは、重厚なホイールにあり

 ブラバスの作といえばブラックのボディカラーというイメージを覆す、ダークグリーンをまとったSクラス・カブリオレは、見る者に新鮮な印象を与える。

 フロントバンパーアタッチメント、フロントスポイラーリップ、リアディフューザーなどは高品質なカーボンでブラバスによって製作されており、よりスポーティで高級な外観を演出している。

 もちろんこのパートにも、Fostla.deではOlea-Greenと呼ばれるボディ色と同様のラッピングが丁寧におこなわれており、それがペイントではないことを外観から知るのは非常に難しい。

 このボディカラーとも巧みにマッチするホイールは、ブラバスのモノブロックM「プラチナエディション」で、フロント9J×21インチ、リア10.5J×21インチサイズ。

 タイヤは各々255/35R21、295/30R21がセットされている。

 ラグジュアリーモデルということで、今回はエンジンチューニングこそ施されていないが、そもそもベースはメルセデスAMG「S63カブリオレ」だ。

 ノーマル以上の性能はカブリオレには不要と判断しても不思議ではない。

 唯一エグゾーストシステムは、フラップスポーツ・エグゾーストシステムを組み合わせ、官能的なサウンドを実現している。

 またオーディオシステムは、Fostla.deの手によって最高の音質が求められている。お互いに得意な分野でその実力を披露したSクラス・カブリオレ。はたしてその仕上がりはどれほどのものなのだろか。

こんな記事も読まれています

富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
富士スピードウェイのサーキット内にキャンプ場「RECAMP 富士スピードウェイ」が2024年秋オープン!
バイクブロス
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
【MotoGP】昨年ワンツーフィニッシュでも期待しすぎは厳禁! ビニャーレス、カタルニアGPに向け「賢くあるべき」
motorsport.com 日本版
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
都心で突然の交通規制に巻き込まれたら……。信号機と警察官、どっちの指示に従えばいい?
くるくら
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
『eキャンター』がベース、ダイムラー・トラックの新ブランドがEVトラックを米国発表
レスポンス
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
国民ブチギレ!? なぜ「13年」で“自動車税”高くなる? 軽自動車は20%加算も!? 理不尽な重課措置に「車持ってるだけで罰金だ!」「国民イジメ!」の声
くるまのニュース
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
ヘッドライトがよみがえる! これ1本で黄ばみ・くすみをクリアにする「ウルトライト」
月刊自家用車WEB
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
名車はここから生まれる!? [大成功]の流れを止めない! 2024年もジャパンモビリティショー開催へ
ベストカーWeb
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
【あなただけのLBXを】 レクサスが期間限定ポップアップエキジビジョン 「LBXラウンジ」
AUTOCAR JAPAN
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
〈人テク展2024横浜〉三菱ケミカルのブースで折り紙が相撲 部品に貼るだけの制振シートを開発
日刊自動車新聞
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
システム最高出力800ps──ランボルギーニ初となるPHEVスーパーSUV「ウルスSE」が日本上陸|Lamborghini
OPENERS
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
SHADの40%拡張可能なサイドケース「SH38X サイドケース」2モデルがカスタムジャパンから発売!
バイクブロス
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
マツダの至宝「ロータリーエンジン」 自動車マニアではない一般人に魅力をどう伝えるべきなのか? 元ディーラーが考える
Merkmal
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
メルセデスAMG、「ミトス」ブランド最初のスピードスター発表…限定250台生産へ
レスポンス
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
マツダ スクラムトラックを一部改良 快適装備を全車標準に
Auto Prove
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
ホンダ『シビック』が新フェイスに、日本にないセダンもラインナップ…米2025年型
レスポンス
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ポジション改善の為に加工したシートにより出来てしまったタンクとの隙間を埋める秘策とは? 【vol.12】
バイクのニュース
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
命にかかわるので要注意!! 高速道路の[トンデモない]落とし物
ベストカーWeb

みんなのコメント

13件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2483.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

154.01198.8万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2483.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

154.01198.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村