サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、ルクレールにピットストップさせなかった理由を説明「今日もまた、運が悪かった……」

ここから本文です
 F1イギリスGPの決勝レース終盤にセーフティカーが出動した際、フェラーリは首位を走るシャルル・ルクレールをステイアウトさせ、2番手だったカルロス・サインツJr.のみをピットに呼び戻し、タイヤを交換した。これが原因となり、レース再開後にはサインツJr.がルクレールをオーバーテイクし、F1初優勝を成し遂げた。

 フェラーリはこの戦略について説明、ルクレールはより新しいハードタイヤを履いていたため、ステイアウトさせることを決めたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ