サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニ自らがレストアを手がけた希少車ミウラSVが史上2番目の3.1億円で落札

ここから本文です

ランボルギーニ自らがレストアを手がけた希少車ミウラSVが史上2番目の3.1億円で落札

2月13日に行われたRMサザビーズ・パリ・オークションにおいて、1971年式「ミウラSV」および1977年式「カウンタックLP400」の2台が記録的なプライスで落札された。

最終的な価格は、シャシーナンバー4840のミウラSVが2,423,750ユーロ(約3.1億円)、シャシーナンバー1120262のカウンタックLP400が775,000ユーロ(約1億円)。なかでもミウラSVは、昨年9月のグッディング・ロンドン・オークションに出品されたモデルに次ぐ、ミウラSVとして過去2番目の高額落札となる。

会場を沸かせた両モデルは、ともにメーカーのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」で完全な復元を受けており、同部門を率いるパオロ・ガブリエーリによれば、こうしたオリジナルへの高い評価が現在のクラシックカー市場のトレンドという。

ちなみに、今回の2台はオリジナル状態を生来キープしていたわけではない。うち、ミウラSVは全生産台数わずか150台のうちの1台として世に出た後、イオタ仕様へコンバートされ、その後オリジナルトリムへ戻されたという来歴を持つ。一方、カウンタックLP400の生産台数も157台にとどまるが、こちらは屋根を取り払うなど幾度も大改造を施された後、今回オリジナルへの復元がかなった。特に、ミウラSVはレストアにともなって、待望のランボルギーニ・ポロストリコによるサーティフィケーションを得ており、メーカー公認の修復技術が値上がりにつながったようだ。

今回のパリ・オークションでは、ほかにも1967年式「400GT 2+2」が477,500ユーロ(約6,100万円)、1968年式「エスパーダ」が173,000ユーロ(約2,200万円)など、クラシック・ランボルギーニの高額落札が相次いだ。現代モデルでも「ムルシエラゴLP640-4・ヴェルサーチ ”E-gear”」に149,500ユーロ(約1,900万円)という価格がついた。

ランボルギーニ・ポロストリコではレストアだけでなく、外部スペシャリストへのアドバイスや図面および部品の供給も行っているから、今後も素晴らしいコンディションのランボルギーニが登場することを期待したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します