現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2024年のF1シート19席が”残留決定”も、ウイリアムズだけ空席あり。しかし最有力はやはりサージェントの残留か?

ここから本文です

2024年のF1シート19席が”残留決定”も、ウイリアムズだけ空席あり。しかし最有力はやはりサージェントの残留か?

掲載
2024年のF1シート19席が”残留決定”も、ウイリアムズだけ空席あり。しかし最有力はやはりサージェントの残留か?

 2023年のF1も全戦が終了。今年はいずれのチームも、今季のドライバーラインアップを継続させることが決まっており、例年になく平穏なストーブリーグとなっている。ひとつのシートを除いては。

 全10チーム20席のF1シートのうち、来季の”持ち主”が決まっていないのは、現時点ではひとつのみとなっている。それは、ウイリアムズのローガン・サージェントのシートのみだ。

■角田裕毅、F1アブダビGPで先頭を走った! 日本人ドライバーとして佐藤琢磨以来19年ぶり2回目。願うは”ラップリーダー”などニュースにならない日が来ること……

 2023年シーズン、ウイリアムズは合計28ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング7位を確保。シーズン後半に大躍進したアルファタウリの猛追を3ポイント差で凌ぎ切った。

 しかしその28ポイントのうち、27ポイントはアレクサンダー・アルボンが獲得したもの。ルーキーのサージェントは、僅か1ポイントの獲得に留まった。

 ルーキーとはいえ、チームメイトに大きな差を付けられてしまったサージェントの来季の契約は、まだ決まっておらず、その将来を不安視する声もある。しかしその一方で、チーム代表のジェームス・ボウルズは、サージェントを支持する発言を繰り返している。

 ではサージェントのシートを奪う可能性がある存在は誰なのだろうか?

 一時はミック・シューマッハーがF1レギュラーに復帰するのではという噂もあった。しかしシューマッハーは2024年もメルセデスF1のリザーブドライバーを務めることが決まっており、それと並行してアルピーヌからWEC(世界耐久選手権)のハイパーカークラスに参戦する予定である。

 今季アルファタウリから、ダニエル・リカルドの代役としてデビューしたリアム・ローソンも後任候補として目されているひとり。レッドブル育成からウイリアムズへという流れは、アルボンと同じだが、現在のローソンの立ち位置を考えると、レッドブルが手放すとは考えにくい。

 FIA F2でチャンピオンになったテオ・プルシェールの名も上がるが、プルシェールはザウバーの育成ドライバーであり、来季はザウバーのリザーブドライバーを務めつつ、スーパーフォーミュラに参戦する可能性が最も高いと言われている。

 さらにF2でランキング2位となったフレデリック・ベスティは、メルセデスの育成ドライバーであるため、同社のパワーユニットを使うウイリアムズ入りの可能性もあるように見える。しかし様々な情報を総合すると、それは難しいとの見方が強い。インディカーに参戦中のアレックス・パロウという声もあるが、こちらもシート獲得には遠いと思われる。

 これらの状況を総合的に判断すると、ウイリアムズのシート獲得に最も近いのは、やはりサージェントだと考えられる。しかしながら発表までは何が起きるか分からない。

こんな記事も読まれています

瞬間起動でより明るく!純正交換HID用LEDバルブ発売 スマート
瞬間起動でより明るく!純正交換HID用LEDバルブ発売 スマート
グーネット
リカルド、次戦マイアミで3グリッド降格。セーフティカー下の追い越しでペナルティ/F1中国GP
リカルド、次戦マイアミで3グリッド降格。セーフティカー下の追い越しでペナルティ/F1中国GP
AUTOSPORT web
まさかの決着。トップ2台がクラッシュでオジエが大逆転勝利を飾る。勝田は日曜最速に/WRCクロアチア
まさかの決着。トップ2台がクラッシュでオジエが大逆転勝利を飾る。勝田は日曜最速に/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
明大自動車部の強さの秘訣は「少数精鋭」にアリ? 「全員が速い」を目標に今日も走る! 
明大自動車部の強さの秘訣は「少数精鋭」にアリ? 「全員が速い」を目標に今日も走る! 
ベストカーWeb
小林可夢偉ら4人の若手選手が「ニュル」を走った理由とは? TOYOTA GAZOO Racingの新プロジェクトが始動しています
小林可夢偉ら4人の若手選手が「ニュル」を走った理由とは? TOYOTA GAZOO Racingの新プロジェクトが始動しています
Auto Messe Web
ポルシェを抜いた伝説のスカイライン! 「技術の日産」の源流はプリンス自動車にアリ? 日本中が夢中になったS50系スカイラインの軌跡
ポルシェを抜いた伝説のスカイライン! 「技術の日産」の源流はプリンス自動車にアリ? 日本中が夢中になったS50系スカイラインの軌跡
ベストカーWeb
ダイハツ「コペン」が150万円でポルシェ「356」に! 完全再現されたレプリカの秘策は「純正パーツ」だった!?
ダイハツ「コペン」が150万円でポルシェ「356」に! 完全再現されたレプリカの秘策は「純正パーツ」だった!?
Auto Messe Web
【クルマの情報を家電が音声で知らせる!】 日産とパナソニックが新サービス開始 快適と安心
【クルマの情報を家電が音声で知らせる!】 日産とパナソニックが新サービス開始 快適と安心
AUTOCAR JAPAN
世界でいちばん売れたテスラ モデルYは何がいいの?【工藤貴宏】
世界でいちばん売れたテスラ モデルYは何がいいの?【工藤貴宏】
グーネット
【F1第5戦中国GP決勝の要点】フェルナンド・アロンソとアストンマーティンが総力戦で掴んだ最高の7位
【F1第5戦中国GP決勝の要点】フェルナンド・アロンソとアストンマーティンが総力戦で掴んだ最高の7位
AUTOSPORT web
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
AUTOCAR JAPAN
世界最強2リッターエンジン搭載! メルセデスAMG新型「C 63 S Eパフォーマンス」の速さの秘密は? F1の技術が盛り込まれていました
世界最強2リッターエンジン搭載! メルセデスAMG新型「C 63 S Eパフォーマンス」の速さの秘密は? F1の技術が盛り込まれていました
Auto Messe Web
JOTA、キャデラック・ワークスの有力候補に浮上。現パートナーのチップ・ガナッシは今季限りで提携解消
JOTA、キャデラック・ワークスの有力候補に浮上。現パートナーのチップ・ガナッシは今季限りで提携解消
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年F1第5戦中国GP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第5戦中国GP終了時点
AUTOSPORT web
「レースには最悪のコース」イモラで重要なトラフィック管理。アウトラップのハイパーカーをLMGT3が抜く?【第2戦決勝展望】
「レースには最悪のコース」イモラで重要なトラフィック管理。アウトラップのハイパーカーをLMGT3が抜く?【第2戦決勝展望】
AUTOSPORT web
「角川61式戦車」未だ現役 映画『ぼくらの七日間戦争』で活躍 直近ではとんでもない場所に登場!?
「角川61式戦車」未だ現役 映画『ぼくらの七日間戦争』で活躍 直近ではとんでもない場所に登場!?
乗りものニュース
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
AUTOCAR JAPAN
90年以上あるマセラティのオープンカーの歴史を3分で振り返る。ヘンリー・フォード2世をして「美しい」と言わしめたクルマとは?
90年以上あるマセラティのオープンカーの歴史を3分で振り返る。ヘンリー・フォード2世をして「美しい」と言わしめたクルマとは?
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村