サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「名前はギリ覚えてるけど、顔が思い出せない」クルマ好きでも忘れがちな「存在感が薄~いセダン」4選

ここから本文です

身近なセダンの中にもレアモデルが存在していた

 ピクトグラムというと、今年の東京オリンピックの開会式でのあのパフォーマンスが話題になったことが記憶に新しい。モノやことをシンボリックな絵柄にして、簡潔な表現でそれが何か、とかメッセージを伝えるのがピクトグラムの役割だ。

え、セダンだけじゃなかったの? マニアでも忘れがちな「派生クーペ」4選

 ところでクルマ……それも乗用車……をピクトグラムで表わそうとした時、昔から一般的なのは“3ボックスのセダン”だ。Googleマップのルート探索では正面視でシンボルが描かれてはいるが、丸型2灯の角張った極めてオーソドックスなスタイルはセダンのように見える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン