サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > WRCではセリカより速かった! 小さな巨人「ヴィヴィオ」速さの秘密

ここから本文です

スバルの歴代軽モデルのなかでもっとも走りがホットだった

 2012年に惜しまれつつ軽自動車の自社生産を終了したSUBARU。名車として語り継がれている、1958年に登場したスバル初の市販乗用車「スバル360」も軽自動車であった。そのこだわりのメカニズムや扱いやすさ、軽自動車とは思えないほどの走行性能の高さで、生産が終了してまもなく10年を迎えようという今もスバル製軽自動車の人気は高い。

ちっちゃいカウンタックは軽トラのサンバーだった! サンバルギーニ・コカウンタックLP360が衝撃的すぎる

 軽自動車にもさまざまなモデルを生産してきたスバルだが、歴代モデル中でもっとも走りがホットだったのが1992年に登場したヴィヴィオだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ