サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中身は良くてもトップになれない! 残念すぎる2番手クルマ5選とその理由

ここから本文です

 売れないと「いいクルマ」と判断されないジレンマに苦しむモデル

 好調に売れるクルマは、多くのユーザーが購入している以上、優れた商品と判断できる。難しいのは売れ行きが伸び悩む車種だ。良いクルマなのに、流行からはずれて販売が低迷する場合もある。近年ではスポーツカーがその代表で、機能やデザインがいかに優れていても、1か月に2000台以上を販売するのは困難だ。 そこで良い商品なのに売れ行きを伸ばせない「2番手のクルマ」を取り上げたい。

負け組からの大逆転! フルモデルチェンジで盛り返したクルマ3選

 1)SUV:スバル・フォレスター

 SUVはスバルフォレスターだ。