サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 下田丈、ガイコホンダからAMAプロデビュー。現地より速報

ここから本文です

下田丈、ガイコホンダからAMAプロデビュー。現地より速報

先週、ひたすらOff1.jpで現地にて追いかけた下田丈が、いよいよユナディラでAMAモトクロスにプロデビューする。現地は、前日金曜日。下田のマシンが、ガイコホンダのテントに並んでいた。

※ガイコホンダ:ファクトリーTeam HRCの直系トップサテライトチーム

ライバル対決! スズキ KATANA / カワサキ Z900RS / ホンダ CB1100RS を乗り比べ!

ロレッタリンを振り返りたいあなたは、濃厚10000字レポをどうぞ

ガイコホンダのプロ用スペシャルマシン
C・セクストン、R・ハンプシャーのマシンの横に並べられる、ガイコホンダの#374。アマチュアでは、ストックマシンだと言い張っていたものが、あからさまに「ガイコホンダチューンド」に変わった。エンジンもマグネシウムパーツがふんだんに使われ、下田曰く「伸びが違う」もの。すでに、アマチュア時代のデータを取り込み、エキゾーストも下田スペシャルが用意されている。下田は、この1週間しかなかった合間を、このガイコホンダマシンへのフィッティングに充てた。アムゾイルホンダのマシンよりも、かなり軽いとのことだ。マシンについては、じっくり取材をしたので後日お目にかけよう。

アマチュア時代(1週間前だけど!)のマシンはこちら↑

現時点で、ガイコホンダへ加入の知らせはないのだが、ここまで来てテンポラリーな話というわけがない。ジェット・ローレンスや、C・マムフォードもやはりガイコテントにマシンを並べているが、ガイコではなく、アムゾイルホンダのアマチュアマシンのまま。彼らは、アマチュアチャレンジ枠(AMAには、今年からアマチュアでも3戦だけ参戦できるようになった)なのだが、下田は違う。紛れもない、ガイコホンダからのプロデビューだ。

ヘルメットも、デビューに乗じてFOXに。

今年の残り3戦、メカニックにはガイコホンダのベテラン、デレイクが付く。これまでのメカ、キャメロンもサブで付随。来年以降の状況は、まだわかっていない。下田に関わる人は、アムゾイルホンダでも多かったが、ガイコホンダになって一層増えた。パドックにいるだけで、たくさんのコメントをする必要がある。

ロレッタリンで負傷した肩は、SO-SOといったところだそうだ。完治しているわけではないけど、響きはしないだろう。しっかり上に上がる。

金曜は、プレスデイでテストをかねて魅せる走りを披露する。我らが丈もこのヒネリ! ユナディラはスカイショットとよばれるどでかいテーブルがあって、大迫力。

今戦は、富田俊樹も負傷から復活。渡辺祐介も、エントリーリストへ名前を連ねている。

現地時間、8月10日 13時10分(日本時間8月11日 深夜2時10分)よりmoto1。15時10分(日本時間 朝4時10分)よりmoto2。有料中継は下記より閲覧可能だ。夜更かし、早起きできなかったらOff1の現地速報で!!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します