サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サージェントが最速タイム。岩佐歩夢は6番手と好位置確保|F2シルバーストン予選

ここから本文です

 FIA F2選手権の第7戦の予選がシルバーストン・サーキットで行なわれ、ローガン・サージェント(カーリン)が最速タイムをマークした。

 F1と同様、5週間で4ラウンドを行なうというかなり忙しいスケジュールとなっているF2。その最初の1戦となるのが、このシルバーストンだ。

■ヴィップス、人種差別発言でレッドブルを”クビ”もハイテックからF2参戦継続。一方主催側は決定に反発

 30分の予選は序盤から激しいタイムアタック合戦となり、セッション前半から目まぐるしくタイムシートが入れ替わっていった。そんな中、サージェントがアタックをまとめ、1分38秒946をマーク。2番手以下に0.4秒以上の差をつけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ