サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA:モントーヤ組アキュラが“トリブルクラウン”達成。プチ・ル・マン優勝は31号車キャデラック

ここから本文です
 北米耐久レースシリーズの最高峰IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権最終戦プチ・ル・マンが10月12日、アメリカ・ジョージア州のロード・アトランタで行われ、ウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.R(フェリペ・ナッセ/ピポ・デラーニ/エリック・クラン組)が10時間におよぶ戦いを制した。タイトル争いは31号車組と競っていたアキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05を駆るファン・パブロ・モントーヤ/デイン・キャメロン/シモン・パジェノー組が4位に入ったことで、レギュラーコンビのモントーヤとキャメロンがDPiクラスのチャンピオンを決めている。