現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デュアルパーパスってどんなバイク! アドベンチャーとの違いは?

ここから本文です

デュアルパーパスってどんなバイク! アドベンチャーとの違いは?

掲載 8
デュアルパーパスってどんなバイク! アドベンチャーとの違いは?

厳密には少し違う!デュアルパーパスとアドベンチャーの違いとは

 都会での暮らしに疲れたことや、近年のキャンプブームなどが理由で、バイクで自然を楽しみたいという人は多いでしょう。バイクを始めていつもと違う景色を楽しみつつ、見知らぬ土地へ赴くのはよい気分転換になりそうです。

【画像】アドベンチャーモデルの画像を見る(10枚)

 そんな背景もあり、走破性の高いバイクは幅広い層からの人気を集めています。ただ、実際に購入しようとしてみると、やや難解なジャンル分けの壁が立ちはだかることも。未舗装路に特化した「オフロード」や、公道も走れる「デュアルパーパス」に「アドベンチャー」。さらに細かくジャンル分けすることも可能ですが、それぞれの違いを覚えるのは大変です。

 こうしたジャンル分けの中でも、デュアルパーパスとアドベンチャーの間の違いは特に分かりにくくなっています。場合によっては完全に同じ意味の単語として扱われているのを目にすることもあります。

 しかし本来の意味に立ち返ってみると、両者の意味は完全に同じというわけではないようです。では、それぞれどのような意味なのでしょうか。

 デュアルパーパスは文字通り「ふたつの目的」で使用できる、つまり未舗装路も舗装路もある程度走ることのできるバイクの総称です。専用設計されたオフロードバイクほどではないにしろ、林道や河原を楽しむことも可能でありながら、公道での快適さもある程度約束された、万能なジャンルと言えるでしょう。

 またアドベンチャーと呼ばれるバイクも、未舗装路と舗装路両方に対応しています。そのため、デュアルパーパスの中の細かい区分として、アドベンチャーというジャンルがあると考えてよいでしょう。

 では、他のデュアルパーパスのバイクと比べて、アドベンチャータイプのバイクにはどのような特徴があるのでしょうか。

 アドベンチャータイプのバイクは、デュアルパーパスの中でも、舗装路での長距離ツーリングに主眼を置いたモデルです。未舗装路での走破性を最低限保ちつつもロングツーリングに対応するため、カウルやウインドシールド、大排気量エンジンを搭載していることが多いです。

 ただし、未舗装路での性能と舗装路での性能をどちらも追求するのには限界があります。一方の性能を重視すれば、もう一方はどうしても犠牲にしなければいけないのが現実。そのため長距離ツーリングを快適にしたモデルは、未舗装路にはやや弱くなってしまっていると考えた方がよいかもしれません。

未舗装路重視か舗装路重視か......見分け方はある?

 また、同じジャンルの中でも未舗装路を重視しているか、舗装路を重視しているかは個々のモデルによって変わってきます。そのため自分がどのようにバイクライフを楽しみたいかによってどのモデルを購入するかを慎重に選ぶ必要があります。

 気になるモデルがあっても、そのバイクがどこまで未舗装路を重視しているか、または舗装路を重視しているかを見分ける方法がわからないという人は多いはず。この手のバイクに詳しい人が周りにいれば安心ですが、なかなかそう上手くいくことはないでしょう。

 では、自分一人で見分ける際は、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

 簡易的に見分ける際は、バイクのフロントタイヤに注目してみるのが有効な手段です。バイクのタイヤは大きければ大きいほど走破性が向上する一方、舗装路でのコーナリングの際にバイクを倒しづらくなります。そのためフロントタイヤが大きければ未舗装路重視、小さければ未舗装路重視というように見分けることができるでしょう。

 なお舗装路を走るバイクの場合、一般的なタイヤサイズは17インチ。一方未舗装路を走るバイクの場合は最大で21インチとなっています。

 また、剛性の強いキャストホイールはやや舗装路向き、しなやかに衝撃を吸収するスポークホイールは未舗装路向きといった指標もあります。フロントタイヤをみる際は、ホイールの形状にも注目してみるとよいかもしれません。

 バイクショップでバイクをみる際は、これらのポイントに加え、店舗スタッフの説明も参考にしつつ、納得がいくまで自分に合ったバイクを検討するとよいでしょう。

※ ※ ※

 なお、デュアルパーパスとアドベンチャーという用語については前述の通り、区別していない記述もみられます。そのためアドベンチャーだからといって必ずしもオンロード重視ではないことも。ジャンル名は参考程度に留めつつ、実際の車体を見て自分に合っているかどうかを判断するとよいでしょう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!
3列シートのマツダ[CX-80]発表! CX-60と違うのはめちゃ長い全長と6&7人乗り 日本発売は2024年秋頃!
ベストカーWeb
出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
くるまのニュース
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レスポンス
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
ベストカーWeb
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
WEB CARTOP
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
AUTOSPORT web
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
motorsport.com 日本版
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
乗りものニュース
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
Merkmal
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
motorsport.com 日本版
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
レスポンス
レクサス新型「GX」日本登場!  先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
レクサス新型「GX」日本登場! 先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
VAGUE
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
くるまのニュース
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
レスポンス
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
レスポンス
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
motorsport.com 日本版
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
ベストカーWeb

みんなのコメント

8件
  • sac********
    ゴテゴテのアドベンチャーより、シンプル軽量なトレール車が欲しい。
    KLX230が国内復活するから楽しみしてる。
  • tmo********
    >フロントタイヤが大きければ未舗装路重視、小さければ未舗装路重視

    なるほど
    大きくても小さくても関係ないってことだね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村