現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プリウスEXにラフェスタJOY……エクストレイルディーゼルも!! 新型出たのに旧型も売り続けていたワケとは!? 国産「新旧併売車」6選

ここから本文です

プリウスEXにラフェスタJOY……エクストレイルディーゼルも!! 新型出たのに旧型も売り続けていたワケとは!? 国産「新旧併売車」6選

掲載 8
プリウスEXにラフェスタJOY……エクストレイルディーゼルも!! 新型出たのに旧型も売り続けていたワケとは!? 国産「新旧併売車」6選

 新型モデルが発売されると旧型は販売終了となるのが普通。しかしながら、稀に「新型モデル」と「旧型モデル」のどちらも販売されることある。どうしてそんなことが起きるのか? 国産メーカーの「併売車」をピックアップ!!

文/ベストカーWeb編集部 小熊雄太、写真/トヨタ、日産、三菱自動車

プリウスEXにラフェスタJOY……エクストレイルディーゼルも!! 新型出たのに旧型も売り続けていたワケとは!? 国産「新旧併売車」6選

■2代目プリウス

2代目プリウスを「プリウスEX」として継続販売。主にビジネスユースに向けた展開だった

 2009年に登場した3代目プリウス。当時の10・15モードで38.0km/Lという驚異の燃費をウリにして、発売から1か月で18万台を受注するほどバカ売れしたのはご存じの通り。

 しかしながら、同時期に発売されたガチンコライバル、ホンダインサイトは189万円から。3代目プリウスは最も安い「L」グレードで205万円で、価格面では若干劣っていた。

 そこで、超負けず嫌いなトヨタは2代目プリウスを「プリウスEX」と名付け、3代目と併売する形で延命。

 法人向けの販売をメインとしていて、ボディカラーは白、黒、シルバーのみと超シンプル。価格はインサイトの最安グレードと同じ189万円に設定。基本設計が古い分、お得感は無いのだが……。2011年にプリウスの弟分的存在であるアクアが登場したことから、入れ替わる形で販売終了となった。

■スカイライン(V36型)

2.5Lモデルのみ継続販売されていたV36スカイライン。スポーティグレードのタイプSもラインナップ

 2014年にデビューしたV37(現行型)スカイライン。国内向けもフロントグリルにインフィニティのエンブレムがつき、よりプレミアムなセダンに仕上がっていた。

 そのうえ、発売当初は3.5Lのハイブリッドのみで、価格が449万円スタートと先代型と比較して大幅な価格上昇を招くことに。

 そこで、既存ユーザーを離さないようにと先代のV36型を継続販売することに。とはいえ、3.7Lモデルは3.5Lハイブリッドと被るため廃止となり、2.5Lのみをラインナップ。価格は299万4000円からと、今見るとかなり高コスパな価格設定だった。新型にダイムラー製の直4・2Lのターボエンジンが追加されたタイミングで販売を終えた。

■2代目エクストレイル

エクストレイルのタフギアなイメージを強調したエクストリーマーXも継続販売されていた

 2013年に登場した3代目エクストレイル。しかし、発売時のラインナップは2Lのガソリンエンジンのみだった。

 というわけで、エコカー枠として2代目のディーゼルモデルが併売されることとなった。しかも、通常グレードに加え特別仕様車のエクストリーマーXも引き続きラインナップする充実ぶり。ATに加え6速MTの設定があったのもアツかった。新型にハイブリッドが追加された2015年のタイミングで販売終了となった。

■初代ラフェスタ

ラフェスタJOY。何かとお金のかかる子育て世代のためを思ってか、エントリーグレードを残した当時の日産の良心が泣けるぜ!!

 日産のエントリークラスミニバンとしてラインナップされていたのがラフェスタ。2010年には2代目が登場したのだが、初代がオリジナルだったのに対して2代目ではマツダ プレマシーのOEMモデルへと変更。そのうえ、エアログレードであるハイウェイスターのみの設定であったこともあり、初代と比べると少し価格帯がアップしてしまった。

 そこで、初代を「ラフェスタ JOY」というネーミングにして継続販売。上級グレードやハイウェイスター、ライダーは廃止され、廉価グレード「JOY X」のワングレードとなったが、179万円の価格はやっぱり魅力的。2012年12月で販売終了となり、ラフェスタはハイウェイスターのみとなった。

■デリカD:5(マイナーチェンジ前)

デリカD:5のガソリンモデル。まさかの併売だったが顧客の興味は新型に移っていた模様……

2007年デビューのデリカD:5は、2019年に大幅改良を実施。内外装も一新され、「こりゃ新型か?」と思うほど変わったのだった。しかしながら、大幅改良の対象となったのはディーゼルエンジン車のみ。

 2007年から販売されていたガソリンモデルはこのタイミングで廃止になるのかと思いきや、なんとマイナーチェンジ前の顔のモデルを併売するという手段に。

 しかしながら、大多数は新顔のディーゼルを購入していたようで、新型の発売から10か月後には販売終了となった。

■先代カローラフィールダー/アクシオ

現在も絶賛併売中のカローラアクシオ/フィールダー。近年のトヨタ車がどんどんスタイリッシュになっているなかで、この地味~な雰囲気が刺さるという人、案外多いのでは!?

 今まで取り上げてきた「併売車」たちはすでに販売を終えているが、実は現在も併売されているクルマがある。それがカローラアクシオとカローラフィールダーだ。

 主にビジネスユースでの取り扱いとなっており、「W×B」のようなイケてるグレードは用意されていない。カローラツーリングのビジネス向けグレードである「X」が207万円なのに対してカローラフィールダーの「EX(ガソリン車・AT)」は191万5700円。

 世代差分の進化もあるので一概に「超オトク」とは言いづらいが、コストに厳しい会社にとってはありがたい選択肢となるだろう。

 また、パワートレーンはハイブリッドも用意されているし、なんとガソリン車には5MT車も残されている。クルマがどんどん肥大化していくなかで、超希少な5ナンバーサイズのセダンとステーションワゴンなだけに、あえて個人ユースとして狙うのもアリではないだろうか。

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
motorsport.com 日本版
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
Auto Messe Web
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
AUTOSPORT web
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
motorsport.com 日本版
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
Auto Messe Web
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
motorsport.com 日本版
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
AUTOCAR JAPAN
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
AUTOCAR JAPAN
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
乗りものニュース
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
くるまのニュース
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
AUTOSPORT web
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
AUTOSPORT web
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • フォルティス
    ギャランフォルティス発売時に旧ランサー(非エボ)も
    ビジネスグレードが併売だったのも忘れないで欲しい。
  • evo********
    プリはインサイト潰しが目的でまさかの達成
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村