サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦上海4時間レースにおいて、トヨタのTS050 HYBRIDが重いサクセス・ハンディキャップを背負っていることから、LMP1クラスのプライベーター勢に対抗できないとドライバーのセバスチャン・ブエミは考えている。

 トヨタの2台は今回、1周あたり2.74秒相当の厳しいハンディキャップを受けており、放出できるハイブリッドエネルギー量や、燃料流量などが削減されている。

■WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

「今回は4時間のレースだ。何かが起こるかもしれないが、純粋なペースで言えば他のチームと戦えるという希望は持てない」

 ブエミはそう語った。