サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルが2030年に死亡交通事故ゼロを目指すための新技術「AACN」とは何か?

ここから本文です
日米で死亡交通事故率が低いスバル車。その総合安全思想はさらに高みを目指す

2020年1月20日、スバルはメディア向けに「SUBARU技術ミーティング」を開催した。パワートレイン、自動運転、先進安全など幅広い分野において、意欲的な目標が発表された。たとえば「2030年までに全世界販売台数の40%以上を、電気自動車(EV)+ハイブリッド車にする」という目標が公表され、新世代EVのデザインスタディも公開された。さらに「2050年に世界で販売される全てのSUBARU車の燃費(届出値)から算出するCO2排出量を、2010年比で90%以上削減」という非常に高い目標も掲げられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ