現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > やっと格下のノアヴォク超え! 新型アルファード&ヴェルファイアに採用された「これが欲しかった装備」4つ

ここから本文です

やっと格下のノアヴォク超え! 新型アルファード&ヴェルファイアに採用された「これが欲しかった装備」4つ

掲載 104
やっと格下のノアヴォク超え! 新型アルファード&ヴェルファイアに採用された「これが欲しかった装備」4つ

 この記事をまとめると

■新型アルヴェルは先にモデルチェンジしたノアヴォクから多くの快適機能を受け継いだ

旧型の「2大ネガ」が消えていた! 新型アルファード&ヴェルファイアに死角が見当たらない!!

■安全運転支援機能であるトヨタセーフティセンスはノアヴォクよりも進化している

■もはや盤石の体制となった新型アルヴェルは国産ハイエンドミニバンの頂点であり続ける

 弟分から受け継いだ装備で快適性向上の新型アルヴェル

 いよいよ登場した、現代のVIP御用達カー、大空間高級サルーンと呼べるトヨタの新型アルファード&ヴェルファイア。企画から生産まで一貫してトヨタ車体が手がけているのが特徴だが、先に登場した現行4代目ノア&ヴォクシーも、じつはこの世代からトヨタ車体が手がけることになったのだ。現在、トヨタ車体が手がけるトヨタのミニバンはノア&ヴォクシー、グランエース、そして新型アルファード&ヴェルファイアの5車種となる(ほかにはハイエース、ランドクルーザー300、レクサスLX600、ランドクルーザー70などを企画、生産)。

 振り返れば、現行型ノア&ヴォクシーが登場した際、開発責任者の水澗さんによれば、ノア&ヴォクシーの開発がトヨタ自動車からトヨタ車体に移管され、トヨタ車体として初のノア&ヴォクシーだけに、絶対に失敗は許されない……という立ち位置から、レクサスを含むトヨタが持てる技術、装備、機能、アイディアを惜しみなく出し切る必要があったという。

 よって、1990年代のイプサムに遡って使い続けてきたプラットフォームをTNGA GA-Cに刷新するとともに、先進運転支援機能のトヨタセーフティセンスは一気に2世代分、アップデート。一新されたハイブリッドシステム、トヨタ最新の駐車支援システム、アドバンストドライブ、レクサス譲りの安心降車アシスト、アイデア満載のカラクリ機構(ユニバーサルステップやテールゲートに採用)などをフル搭載。ライバルを青ざめさせる新型となったのである。

 新型アルファードが登場する前、筆者は個人的に、トヨタ車体が企画、生産する新型だけに、ノア&ヴォクシーで採用されたアイテムのいくつかは、新型アルファード&ヴェルファイアにも惜しみなく搭載されると睨んでいたのだ。

 蓋を開ければ、その予想は見事に当たっていた。さすがにトヨタセーフティセンスはノア&ヴォクシーのものよりさらに進化を遂げているのだが、たとえば、以下のアイテムがノア&ヴォクシーから受け継いだと言っていいものだ。

 1. 停止位置メモリー機構付きパワーバックドアのスイッチ

 ボックス型ミニバンのウィークポイントのひとつが、大きく開くバックドアの開閉だ。車体後方にスペースのない場所に止めてしまうと、バックドアが全開にできず、荷物を出し入れするには、やむなくクルマを前に出す……なんていう手間、事態がある。そこでノア&ヴォクシーが採用したのが、非パワーバックドアでも任意の位置で開閉を止められる、”からくり”機構を用いた世界初のケーブルによるシンプル構造のフリーストップバックドアだった。

 しかしそれでも、大きく開くバックドアの使い勝手のすべてが解決したわけではなかった。そう、バックドアにある開閉スイッチを押すと、操作した人に向かって巨大なバックドアが上がり、衣服を汚したり、顎に当たったりすることもありがちで、後ずさりは不可欠。それで縁石にひっかかり、転倒……なんていうこともある。

 そこで、採用された目から鱗の新機能が、ボディサイド側に移された「パワーバックドアスイッチ」である。

 この秀逸なアイディアはもちろん、新型アルファード&ヴェルファイアにも採用され、リヤコンビランプ側面下に移されたのである(祝)。

 スイッチは開ける、閉めるのふたつだ。これで、ボディ側面から操作すれば、巨大なバックドアが操作者を直撃することもない。

 2. 安心降車アシスト

 4代目ノア&ヴォクシーの新安全装備として注目だったのが、レクサス譲りの「安心降車アシスト」だった。後側方レーダーセンサーによって自車の後方を走行する次の車両・自転車を検知し、ドアミラーインジケーター、ブザー、メーターの表示、および音声通知によってその車両の存在を乗員に知らせ、不用意にドアを開けようとすると、ドアのオープンを制御してくれるというものだ。

 とくに車道側のドアを開ける際、後方から車両、自転車が接近すれば双方に危険が及ぶ。レクサスではヒンジ式ドアの制御だったものをノア&ヴォクシーからはパワースライドドアにも採用したのである。新型アルファード&ヴェルファイアでも採用しない理由はなく、晴れて「安心降車アシスト」が用意されたのである(安心)。

 先進安全運転支援機能はノアヴォクからさらに進化した最新世代

 3. ユニバーサルステップ

 スライドドアの乗降性の良さは、ヒンジ式ドアと比べるまでもないが、理想はノア&ヴォクシーのような、階段状の段差のないワンステップだ。が、アルファード&ヴェルファイアは伝統的に2段ステップを採用。具体的には、先代アルファード&ヴェルファイアでは1段目のステップが地上約350mm、フロアはそこから100mm高い地上450mmに位置にあった。一方、GA-Kプラットフォームとなった新型は、1段目のステップが地上約400mm、フロアはそこから90mm高い地上約490mmの高さにある。つまり、ステップ、フロアともにやや高まったわけだ。

 でも、足腰の弱った高齢者や小さな子供も心配無用だ。4代目ノア&ヴォクシーに新採用された「ユニバーサルステップ」が新型アルファード&ヴェルファイアにも用意されているのである。「ユニバーサルステップ」のメリットは乗降のしやすさだけではない。以前の補助ステップは電動でスライドドアの開閉とともに出現するのだが、オプション価格は20万円前後と高価だった。たとえばステップワゴンの純正オートサイドステップは21万7800円である。

 ところが、ノア&ヴォクシーに新採用された、”カラクリ”を使った非パワーの、しかしスライドドアの開閉と連動した「ユニバーサルステップ」のオプション価格はなんと3万3000円だったのである。これなら装着率も一気に高まるというわけだ。

 で、新型アルファード&ヴェルファイアではどうなったかと言えば、その「ユニバーサルステップ」を新採用。ただし、メッキ加飾付きで左右セットとなり、オプション価格は6万6000円と、ノア&ヴォクシー用の倍にはなるものの、以前の20万円前後の価格からすれば、オプション装着のハードルが一気に下がることは間違いないところだろう。いや、VIP御用達カーとしての需要でも、必須のアイテムと言えそうだ。

 4. やっとノア&ヴォクシーを超えたトヨタセーフティセンス

 新型アルファード&ヴェルファイアでは、先代のトヨタセーフティセンスでは望みえなかった最新のバージョンに進化。ノア&ヴォクシーが先に採用してしまったトヨタセーフティセンスのプロアクティブドライビングアシストやトヨタチームメイトなどを、満を持してフル搭載。

 たとえばプロアクティブドライビングアシストは、歩行者の横断、自転車運転者、駐車車両に対する操舵、減速を支援してくれるとともに、先行車や前方のカーブに対する減速操作まで行ってくれる高機能。一般道で先行車との車間距離が近づきすぎた場合、アクセルオフの状態なら、自動減速。高速道路専用のACC(アダプティブクルーズコントロール)の機能のひとつの車間距離維持を、一般道でも行ってくれるところに大きなメリット、安全・安心がある。

 トヨタチームメイトで注目したいのは、トヨタ独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づく最新の高度運転支援技術=トヨタチームメイトの「アドバンストドライブ(渋滞支援)」だ。その機能とは、自動車専用道路の同一車線で、レーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシスト作動時に、0~約40km/hの速度域に限り、自動運転レベル2に匹敵するハンズオフ運転を可能とする高度な制御。限定条件下とは言え、未来の自動運転の一端を垣間見ることができるのである。

 さらに、ノア&ヴォクシーに先に採用された「アドバンストパーク」と呼ばれる、進化した”使える”スイッチ、あるいは車外からのスマホのリモート操作で、まるで1/1のRCカーのアルファード&ヴェルファイアを動かすように駐車支援をしてくれるシステムも用意。 ※リモート操作はハイブリッド車のみに対応。

 そうしたノア&ヴォクシーからトヨタの新型ミニバンに採用されたアイテムを新型アルファード&ヴェルファイアも受け継ぎつつ、ステアリングアシストなどを含む、ノア&ヴォクシーよりさらに進化したトヨタセーフティセンスを備えているのだから、もはや盤石。もちろん、ノア&ヴォクシーにない超豪華かつユースフルな装備も満載なのが、国産ハイエンドミニバンの頂点であり続けるであろう、新型アルファード&ヴェルファイアのライバルを寄せ付けないストロングポイントと言っていいだろう。

 同時に、ファミリーユーザー中心のMクラスボックス型ミニバンである4代目ノア&ヴォクシーにいち早くトヨタ最先端の技術、装備を盛り込んだトヨタ車体の開発陣の英断にも、改めて拍手を送りたいところだ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
ベストカーWeb
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
AUTOSPORT web
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
Auto Messe Web
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
ベストカーWeb
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

104件
  • 格下とか喧嘩売る様な言い方不快です
  • 格下とかギラギラドキュングリルぐらいしか大差無いくせにバカな言い回しでしか表現できない体たらく…

    コレだから田舎ドキュン専用機を持ち上げるイタい低偏差値さんは人としてのたかが知れるというのです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.2138.0万円

中古車を検索
イプサムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.2138.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村