サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > インドショックで屋台骨が揺らぐスズキ 「ピンチをチャンスに」できるか?

ここから本文です
「インドの危機は本物で、(スズキとして)大変な危機として受け止めている」(スズキ・鈴木修会長)ースズキが26日に発表した2020年3月期連結業績は、インドなどの四輪車販売が低迷したことなどから営業利益が前年同期比33・7%減の2151億円と、ライバル他社と比べても大きく落ち込んだ。今期業績見通しは「未定」とするが、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せない中、インドに軸足を置いてきたスズキの経営戦略が揺らいでいる。

スズキにとって世界販売全体の半分を占めるインドの四輪車販売は、昨年から低調だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ