現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自の株主総会でファン熱望「ランエボ作って」 国内商品拡充を願う声

ここから本文です
三菱自の株主総会でファン熱望「ランエボ作って」 国内商品拡充を願う声
写真を全て見る(3枚)

海外向けモデルの導入望む声も

「三菱らしいクルマをもっと作ってほしい」……株主総会で聞かれたのは、モデルラインナップの拡充を願うファンの声だった。

【画像】海外で頑張ってこい! 期待の三菱最新SUVシリーズ【新型エクスフォース、エクスパンダー、ASXを写真で見る】 全20枚

三菱自動車は6月20日、東京都内で第55回定時株主総会を開いた。出席した株主からは株価低迷に関する指摘だけでなく、商品戦略としてパジェロやランサーエボリューションなど同社の代表的なモデルを復活させてほしいという要望も挙がった。

昨年度、売上高(2兆7896億円)と営業利益(1910億円)で過去最高を記録した三菱。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

BYD「欧州ブランドになる」 ハイブリッド車を猛プッシュ、来年3車種を欧州投入 現地生産も
BYD「欧州ブランドになる」 ハイブリッド車を猛プッシュ、来年3車種を欧州投入 現地生産も
AUTOCAR JAPAN
「EVは必ずしも良い選択ではない」 フォードが電動化戦略を修正、ハイブリッドに注力
「EVは必ずしも良い選択ではない」 フォードが電動化戦略を修正、ハイブリッドに注力
AUTOCAR JAPAN
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
AUTOCAR JAPAN
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
AUTOCAR JAPAN
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
AUTOCAR JAPAN
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
WEB CARTOP
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
THE EV TIMES
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
AUTOCAR JAPAN
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
くるまのニュース
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
AUTOCAR JAPAN
【小・少・軽・短・美】 スズキの行動理念 製造からリサイクルまで10年先を見据えた技術戦略を発表
【小・少・軽・短・美】 スズキの行動理念 製造からリサイクルまで10年先を見据えた技術戦略を発表
AUTOCAR JAPAN
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
AUTOCAR JAPAN
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
AUTOCAR JAPAN
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
AUTOCAR JAPAN
フォード・トルネオ・クーリエ 詳細データテスト 商用由来らしからぬ足さばきと乗り心地 価格は高い
フォード・トルネオ・クーリエ 詳細データテスト 商用由来らしからぬ足さばきと乗り心地 価格は高い
AUTOCAR JAPAN
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
AUTOCAR JAPAN
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

26件
  • Gin
    Heart Beat Motors って言ってた頃を思い出してほしいですね。
  • yas********
    絶好調だけど日本国内は売れないから放置だよね
    声が上がっても年間数万台も売れるわけもなく赤字一直線になると掌返して経営陣批判する株主
    どこの日本メーカーも戦略の中心を海外に置いてるので国内は車種は減少するばかりだね
    T社だけは経団連を抱き込んで政府からの補助金で暴利を貪ってるから多いけど
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.7283.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0380.0万円

中古車を検索
RVRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.7283.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村