サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【コストにシビアな運送業界なのになぜ!?】最近のトラックが鉄チンではなく価格の高いアルミホイールを履く理由

ここから本文です

【コストにシビアな運送業界なのになぜ!?】最近のトラックが鉄チンではなく価格の高いアルミホイールを履く理由

 アルミホイールを採用する大型車が増えている

 アルミホイールといえば、スチールホイール、いわゆる鉄チンに対して高級な装備だ。今では安価に買えるが、その昔では憧れさえあったほど。今でもデザイン性や重量などで、特別な装備ではあるが、トラックやバスなどの商用車でもアルミホイールが増えているのをご存じだろうか。実際、高速道路などで注意して見ていると、けっこうな台数が装着していることに気づく。しかし、シビアな運賃に悲鳴の運送業界、なぜ価格も高いアルミホイールを履いているのだろうか?

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

 軽量化による燃費向上が大きな理由

 乗用車の場合はドレスアップ要素が多分にあるが、トラックやバスといった商用車は、見た目もないわけではないが大きなポイントではない。その目的は走行性能にある。もともとトラック用のアルミ鍛造ホイールを市場に出したのはアルコアで、1948年のこと。当初はあまり普及していなかったが、今やデザイン性を向上させたモデルも含めて多数ラインアップしている。

 具体的な理由はというと軽量化で、まずはいわゆるバネ下重量の軽減だ。資料によれば、大型車のスペアを含む11輪をアルミホイールにすると約157kgの軽量化で、燃費は3パーセント以上の向上が望めるという。

 ブレーキへの負担も軽減されるので消耗スピードが遅くなる。ほんのわずかでも日々走り続ける商用車ではかなりの差になるから、大きなコスト削減になるというわけだ。そのほか、乗り心地やハンドリング向上によるドライバーの疲労軽減や、積載量の増加も見込めるなど、とにかくメリットは多い。

 最近では特殊処理して、撥水性をもたせたホイールもリリースされていて、これを使用すると日頃行なう洗車の手間も省ける。ホイールをきれいにするというのは納品先の印象もあるし、最近は人手不足ゆえ、できるだけ新型できれいな車両を用意しているのをアピールすることも多いだけに、ホイールがピカピカというのはじつは重要なポイントなのだ。

 しかし、アルミホイールといえば気になるのは価格の高さ。これも、燃費向上などのおかげで、早ければ3年でペイできるのでとくに問題とならない。さらに最近では商用車用タイヤの軽量化も進んでいて、じつは商用車の足まわりは大きな変化が起きているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します