サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本でいま、EVってどうなの!? 代表的モデルに見る後悔しない選択とは

ここから本文です

■日本を代表するEV 日産「リーフ」

 EV連載の第2回は、日本国内で購入できる3台の代表的なEVを取り上げ、その特徴を比較することにしたい。

トヨタが165万円EV「シーポッド」発売!

 トップバッターは日産「リーフ」である。

 初代リーフは世界初の量産型EVとして2010年に発売。現在、販売されているのは2017年に発表された2代目で、バッテリー容量は40kWhと62kWhの2タイプが用意されている。ここでは航続距離が長い62kWhモデルを中心に紹介しよう。

 リーフは、いわゆるCセグメントのハッチバックボディで、全長はおよそ4.5mとコンパクト。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン