現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Fワードの使用は禁止! ラスベガスGPのトラブル巡る発言で、フェラーリとメルセデスのチーム代表が警告受ける

ここから本文です

Fワードの使用は禁止! ラスベガスGPのトラブル巡る発言で、フェラーリとメルセデスのチーム代表が警告受ける

掲載
Fワードの使用は禁止! ラスベガスGPのトラブル巡る発言で、フェラーリとメルセデスのチーム代表が警告受ける

 メルセデスのトト・ウルフ代表とフェラーリのフレデリック・バスール代表は、F1ラスベガスGPの記者会見での発言により、FIAから警告を受けた。

 問題となったのは、F1ラスベガスGPのFP1がキャンセルされた直後に行なわれた、チーム代表記者会見での発言だ。

■アルファタウリ、最終戦のアブダビでフロアをアップデート。「最適化のため、大幅に変更」と説明

 現代F1マシンはグラウンド・エフェクトにより大きなダウンフォースを生み、強大なグリップ力を発揮している。そのためマシンがトップスピードで走行した結果として大きな力が加わり、問題となったウォーターバルブカバー周辺を固めたコンクリートが破損。エステバン・オコン(アルピーヌ)とカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が、固定が緩んだバルブカバーと接触し大きなダメージを受けたのだ。

 ウルフ代表とバスール代表は、急きょ行なわれた記者会見に臨んだ。明らかに憤慨した様子のバスール代表はFワードを使いながら、次のように語った。

「この事態は我々に大損害をもたらすだろう。カルロスのセッションをめちゃくちゃ(f****d-up)にしたんだ」

 ウルフ代表もその後、「最低な排水溝のカバー(f*****g drain cover)が外れてしまったことについて話しているが、それは以前にもあったことだ。なんでもない。これはFP1だ」と、コースの問題に対する批判からラスベガスの運営組織を守ろうとしながら、Fワードを使用している。

 1週間後のアブダビGPでは、両チーム代表がF1スチュワードに呼び出され、このコメントについて説明を求められ、FIA国際競技規則第12.2.1.f条に違反したかどうかが審議された。

 この規定では、競技者によって「FIA、その団体、そのメンバー、またはその役員、さらに一般的にはモータースポーツの利益やFIAが擁護する価値観に対して、道徳的な傷や損失を与えるような言動や書き込み」があった場合、規則違反があったとみなされる。

 FIAの見解は以下の通りだ。

「FIAからの提出物に基づき、特に世間的な知名度が高く、多くの、特に若いこのスポーツのファンたちからロールモデルとして見られているこのスポーツの参加者がこの種の言葉を使用するのは、今後も容認できないものとみなす」

「FIAはいかなる関係者であっても、FIAのフォーラムで今後このような言葉を使用することを容認しない」

 ウルフ代表の発言については「今回の言葉の使用は異例であり、記者会見中の突然の発言によって引き起こされたものである。従って、このチーム代表の典型的な言動とは見なされない」とされている。

 一方、バスール代表に関しては「彼はFP1で起きたアクシデントに非常に動揺し、苛立っていた。そして、彼のこのような言葉は普通ではなかった」と記されている。

 こうした問題は、ハースのギュンター・シュタイナー代表がモナコGPのオープニングラップでの接触でニコ・ヒュルケンベルグにタイムペナルティを科す決定が下されたことについて、批判的な発言を行なったため、スチュワードから戒告処分を受けたケースに続くものだ。

 シュタイナーは、モナコGPから1週間後に行なわれたバルセロナGPでのハースのメディア・ブリーフィングで、国際競技規則第12.2.1.c条、第12.2.1.f条、第12.2.1.k条に違反した疑いがあるとして、その説明を行なうために召喚された。

 シュタイナーの弁明の一部は、「もし誰かを侮辱したり不快にさせるつもりであれば、もっと違う言葉を使っただろう」というものだった。

こんな記事も読まれています

新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
AUTOSPORT web
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
バイクのニュース
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
くるまのニュース
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
AUTOCAR JAPAN
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
@DIME
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
Webモーターマガジン
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
グーネット
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
THE EV TIMES
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
くるまのニュース
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
レスポンス
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
AUTOSPORT web
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
乗りものニュース
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
AUTOSPORT web
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
ヤマハ「SR400」 初期型カラーの外装セットを受注期間限定で発売
バイクのニュース
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
実走行504キロのレクサス「LFA」が2億2000万円以上!?「ニュルブルクリンクパッケージ」は64台の超希少車でした
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村