現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、F1参戦4年目も“全戦全力投球”アプローチは変えず「寿命が縮んだように感じた」と吐露も笑い飛ばす

ここから本文です

角田裕毅、F1参戦4年目も“全戦全力投球”アプローチは変えず「寿命が縮んだように感じた」と吐露も笑い飛ばす

掲載
角田裕毅、F1参戦4年目も“全戦全力投球”アプローチは変えず「寿命が縮んだように感じた」と吐露も笑い飛ばす

 角田裕毅は来る2024年に向けて、2023年シーズンと同様に全レースで「自分の100%の力を出し切る」アプローチを貫くと語った。

 来季で角田はF1参戦4年目。スクーデリア・アルファタウリからチーム名称が変更されるイタリア・ファエンツァ籍のチームでF1キャリアを継続することとなる。

■チケット即完売の角田裕毅ファンイベント、日本全国から集まった720名が“ぶっちゃけ”トークで盛り上がる

 2023年シーズンの角田は一皮むけたと言っても過言ではないだろう。チームメイトがコロコロと変わる中でチームを牽引。シーズン序盤から、戦闘力不足のマシンながら入賞争いを展開した。

 シーズン後半にかけてチームがマシンのパフォーマンスを改善すると、角田はシーズン終盤の5戦で3回入賞。アメリカGPでは初のファステストラップ、最終戦アブダビGPでは初のラップリードを記録した。そのアブダビでは好走がファンに評価されてドライバー・オブ・ザ・デイにも選ばれた。

 右肩上がりで2023年シーズンを終えた角田。その好調の要因には、彼自身の内省が関係しているようだ。

 角田はF1参戦2年目の2022年シーズンを振り返った際、「もっと力を振り絞れた」と思う瞬間があったという。そこから1戦1戦、100%の力を発揮することに焦点を置いたと語った。

 全22戦で争われた2023年シーズンを終え、“全力投球”による疲労を吐露しつつも、このアプローチを続けるつもりだと語った。

 来年3月に開幕する全24戦の2024年シーズンはどのような角田裕毅でありたいか? motorsport.comが角田に尋ねると彼は2023年を振り返りつつ、次のように答えた。

「今年は去年に比べていい方向にステップを踏み出すことができましたし、今やっていることが正しいからこそ成長できていると思います」

「このリズムを崩さず、もちろんオフシーズンも準備を欠かさず、同じ方向性を継続しながら、去年から今年に向けて大きく変えたアプローチを自分自身に浸透させて完成形に近づけたいです」

「またフィードバックやレースに必要な部分など、まだもう少しレース数が必要になる部分は積み重ね、今年以上に一貫性のある成績を出せればいいなと思っています」

 角田の言うアプローチについて詳しい説明を求めると、彼は次のように続けた。

「気合いですね。簡単に言うと、毎レース悔いがないように自分の100%の力を出し切るということです」

「去年、シーズンを振り返った時にもう少し自分の力を振り絞れたという部分がありました。24レースで全て出し切るというのは簡単に思えますが、順位によっては難しかったり、3週連続のレースもあったりします。疲れながらも自分の100%、前週以上かそれと同等くらい発揮しなければいけないというのは難しいことです」

「だから、今年は寿命が短くなったように感じましたよ(笑)」

「結構、疲れがドッと来ました。逆に後悔はないですし、良いシーズンだったと心から思えたので、そういったことを繰り返していきたいと思います」

 最終戦後のポストシーズンテストも既に終了し、角田は一時帰国。12月2日(土)には、特別講習会という形で“母校”でもあるホンダ・レーシングスクール・鈴鹿(HRS)のスクール生とカート対決を実施し、翌日にはホンダ・レーシング・サンクスデー2023に参加した。

 12月5日(火)には地元神奈川県・相模原市で角田裕毅応援団が主催するファンミーティングに登壇。短いシーズンオフの中でも忙しい日々を送っている。

 そんな角田に、100%の力を注いだ2023年シーズンの疲れを癒すことができる時間はあるか? と訊くと角田は「12月中盤までは無いでしょうね」と答え、疲れを温泉で洗い流すつもりだと明かした。

「2週間くらいは休めると思います」

「1番は温泉ですね。温泉は日本人ならではというか……僕は小さい頃からお風呂に入る文化で育ってきましたが、海外に行くとシャワーですからね」

「お風呂入った時の疲れが取れるあの感覚は、日本にしかありません!」

関連タグ

こんな記事も読まれています

高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
くるまのニュース
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
AutoBild Japan
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
くるまのニュース
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
レスポンス
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
くるまのニュース
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
バイクのニュース
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
motorsport.com 日本版
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
レスポンス
BMW 5シリーズ ツーリング【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
BMW 5シリーズ ツーリング【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村