現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ドゥカティ移籍のマルケス、上手くいかなければ「批判も受け入れるし、上手くいかなくても静かに引退できる」

ここから本文です

【MotoGP】ドゥカティ移籍のマルケス、上手くいかなければ「批判も受け入れるし、上手くいかなくても静かに引退できる」

掲載 4
【MotoGP】ドゥカティ移籍のマルケス、上手くいかなければ「批判も受け入れるし、上手くいかなくても静かに引退できる」

 マルク・マルケスはホンダを2023年限りで離脱しドゥカティ陣営のグレシーニへと移籍する。この移籍が上手く行かなかった場合、マルケスは批判を受け入れるつもりだという。

 ホンダでの苦戦が続いたマルケスは、2024年まで続くはずだった契約を早期に終了させることで合意し、来季はグレシーニへ移籍することを決めた。多額の違約金を支払い、慣れ親しんだホンダでの環境も全てかなぐり捨ててのこの移籍を、マルケスは自分がまだ競争力を発揮できるかどうかを理解するために必要なモノだと述べていた。

■ドゥカティのマルケスは危険で頭痛のタネ! ペドロサ&ロッシ、レジェンド達が警告

 最終戦バレンシアGP後に行なわれたポストシーズンテストで、マルケスは初めてドゥカティのマシンを走らせた。そしてたった数時間のうちに速さを発揮し始め、最終的にトップから0.171秒差の4番手タイムを記録して日程を終えた。

 来季に向けて期待の声も高まっているが、マルケスはドゥカティ陣営への移籍が上手く行かない可能性はあると認めている。そして、もしそうなった場合、批判は受け入れる覚悟だとmotorsport.comに語った。

「ああ、もちろんその(上手く行かない)可能性はある。それにいくつかの疑問もある」

 11月初旬、motorsport.comのインタビューでマルケスはそう答えた。

「決断を下した今ですら、僕も疑問はある。上手く行かない可能性はあるんだ」

「でも最後に引退するときには、キャリアを通じて全てを試したおかげで静かに引退できるだろう。それで、僕は自分が正しいと感じることをしたんだ」

「ホンダに留まって『いや、それは選ばない。成功しなかったら皆が僕を批判するだろう』とウジウジしていたかもしれない」

「でも、僕はこの移籍が成功しなかったとしても、受け入れるよ。批判も受け入れるし、全てを受け入れるつもりだ」

「だけど少なくとも、できることを試したうえだから、静かに引退できると思う」

「僕はそういう男なんだ。ホンダに留まれば快適だっただろうし、95%のライダーはホンダに留まっていただろうね」

「何故か? 給料は良いし、プレッシャーは無い。今はバイクを開発していて、『OK、今回のレースは良くなかった。でも開発の最中だからね』と言っておけばいいからだ」

「残留は簡単だった。でも僕はそうしたくなかった。僕は勝者であり、”キラー”なんだ。トップを争えるように、全力を尽くすよ」

 またマルケスに、新シーズンに向けてこれまで以上にプレッシャーを感じているのかと聞くと、彼はこう答えた。

「僕の仕事は、忘れようとすることや行動すること、そして全ての期待を自分の内側に留めることにある」

「全レースで勝つだろうとか大きな期待を抱かれていることや、壊滅的なことになるだろうとか言われていることは知っている」

「でも結局のところ、発表した時に言ったことだけど、バイクを試す前から期待を抱くことはできないと繰り返し言ってきた」

「そして、僕の今のメインターゲットはコース上でまた楽しめるようになることなんだ。また楽しむことができれば、キャリアをもっと続けることができる」

「もし楽しめないようなら、あまり長くは続かないだろう。だからそれが主な目標なんだ」

「バレンシアでバイクを試して、マレーシアのプレシーズンテストに参加して、それで自分の立ち位置が分かるだろう」

「ただ、特定のバイクに11年間乗ってきた僕のライディングスタイルを、別のバイクに適応させるのは難しいことだろうし、同時にいい挑戦になってくるだろうね」

「ベストを尽くすつもりだし、(グレシーニは)僕が求めていた家族的なとても良いチームだと信じている。巨大なチームではないだろうけど、家族的なチームで取り組んで、レースというものを再び楽しもうとしているんだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
AUTOSPORT web
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
motorsport.com 日本版
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
AUTOSPORT web
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
ヤマハファンは全員集合! ヤマハが「My Yamaha Motorcycle Day 2024」の開催を発表
バイクのニュース
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
くるまのニュース
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
ビル3フロアのショールーム BYD AUTO 目黒がオープン、BYDジャパン社長が意気込み語る
AUTOCAR JAPAN
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
今週、話題になったクルマのニュース4選(2024.4.20)
@DIME
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
横浜ゴムの新オールテレーン「ジオランダー A/T4」を初試乗。オフロード志向のイケメンぶりとオールシーズンの快適・安心を極めた才色兼備クンだった
Webモーターマガジン
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
ゴールデンウィークは車トラブルが急増! 故障を未然に防ぐ2つのポイント
グーネット
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
THE EV TIMES
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
船橋~鎌ヶ谷~柏 “地獄渋滞”の千葉の南北道路「船取線」4車線化いつ完成? 狭くて抜け道無し「船橋我孫子線」拡幅計画は今どうなっているのか
くるまのニュース
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
5/16申込締切【無料】「中国EVはなぜ脅威なのか」北京モーターショーで見た中国国産EVの今と未来
レスポンス
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
セナへのトリビュート/トヨタのテストは“ル・マン優先”/市内でサイン会etc.【WECイモラ木曜Topics】
AUTOSPORT web
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
高速PA駐車マス「ぜんぶナナメ化」! 大型車マス大幅増 小型車も停め方だいぶ変わった!? 九州の基幹PA
乗りものニュース
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑
AUTOSPORT web
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
スズキ『キャリイ』シリーズ 仕様変更
レスポンス
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
F1中国GPスプリント、接触の非はアロンソにあり! 10秒のタイム加算+ペナルティポイント3が科される。スチュワード、レギュレーションの修正求める
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • vmt********
    まあ以前はなかなか勝てなくなっても走ってる人を批判してたもんねえ
  • msr********
    卓越したライティングで、2010年代を席巻したチャンピオンですが、ホンダワークス近年のマシン開発の迷走振りで、過去の素晴らしいリザルトも優秀なセカンドライダーやテストライダー達の、マシン開発リソースの上に成り立っていた事が判明してしまいました。ドゥカティ自体は実戦でその性能は担保されているのでしょうから、ある程度上手く行くのでは無いでしょうか。もしリザルトが低迷する様な事があれば、競走力そのものの衰えと言う事になってしまいます。来季開幕戦は、今後の彼のキャリアにとって重要な試金石となるのでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村