現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハイエンドEVのトップがここに集結! 高性能、先進性を体現する独プレミアムの最高峰・メルセデスEQS編【メルセデスベンツ×BMW×アウディ2023】

ここから本文です
ハイエンドEVのトップがここに集結! 高性能、先進性を体現する独プレミアムの最高峰・メルセデスEQS編【メルセデスベンツ×BMW×アウディ2023】
写真を全て見る(1枚)

御三家のハイエンドEVが集結。ドライバビリティ、快適性、最先性などの観点から、さらなる進化の先には、ブランドのフラッグシップとなる日もそう遠くないはずだ。これからのハイエンドやラグジャリーの在り方を考えさせる、3台のポテンシャルを紐解いていこう。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

[ヤリス]買うなら検討を!! 70万円以下で見つかるって安すぎ! 前期型が狙い目[シトロエンDS3]
[ヤリス]買うなら検討を!! 70万円以下で見つかるって安すぎ! 前期型が狙い目[シトロエンDS3]
ベストカーWeb
1億7200万円から! ポルシェ「911」のレストア専門ブランド「シンガー」が日本上陸!「コーンズ」とタッグを組み提供するサービスとは
1億7200万円から! ポルシェ「911」のレストア専門ブランド「シンガー」が日本上陸!「コーンズ」とタッグを組み提供するサービスとは
Auto Messe Web
トヨタが「“超凄い”ハチロク」実車公開! 6速MT搭載の“超静音”モデル! 斬新2シーター化も実施の「新型ハチロク」登場に市販化望む声も
トヨタが「“超凄い”ハチロク」実車公開! 6速MT搭載の“超静音”モデル! 斬新2シーター化も実施の「新型ハチロク」登場に市販化望む声も
くるまのニュース
【MotoGP】マルケス、またしても予選Q1行き。でもカタルニアでの苦戦は「予想していた」と慌てず
【MotoGP】マルケス、またしても予選Q1行き。でもカタルニアでの苦戦は「予想していた」と慌てず
motorsport.com 日本版
“Meisterstück(傑作)”の車名を冠したアウディA4/A4アバント/A5スポーツバックの特別仕様車が日本上陸
“Meisterstück(傑作)”の車名を冠したアウディA4/A4アバント/A5スポーツバックの特別仕様車が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
なぜ道路に「謎の激セマゲート」設置? 車幅ギリギリは「わざと」!? 突如現れる「絶対ミラー殺す門」設置の理由とは
なぜ道路に「謎の激セマゲート」設置? 車幅ギリギリは「わざと」!? 突如現れる「絶対ミラー殺す門」設置の理由とは
くるまのニュース
Wedsの大人気ブランドLEONIS(レオニス)から新作「MV」&「FR」堂々登場
Wedsの大人気ブランドLEONIS(レオニス)から新作「MV」&「FR」堂々登場
ベストカーWeb
単なる顔違いの姉妹じゃない! 「トヨタbz4X」と「スバル・ソルテラ」は走りも装備も補助金まで違っていた!!
単なる顔違いの姉妹じゃない! 「トヨタbz4X」と「スバル・ソルテラ」は走りも装備も補助金まで違っていた!!
WEB CARTOP
スバル360みたいな見た目のキュートなクルマはハイブリッド! 「エルテン」はいま出たらアリなコンセプトカーだった
スバル360みたいな見た目のキュートなクルマはハイブリッド! 「エルテン」はいま出たらアリなコンセプトカーだった
WEB CARTOP
スズキ「牛のフンをかき集める」事業を本格化!? ナゾの車種で“ならでは”の脱炭素アピール 「乗り換えは不要です」
スズキ「牛のフンをかき集める」事業を本格化!? ナゾの車種で“ならでは”の脱炭素アピール 「乗り換えは不要です」
乗りものニュース
ホンダがEVシフトにむけて10兆円を投入! 2030年までに7モデルの「0シリーズ」が誕生する
ホンダがEVシフトにむけて10兆円を投入! 2030年までに7モデルの「0シリーズ」が誕生する
WEB CARTOP
展示製品のウラ話をブース担当者に聞いちゃいました!「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」デンソー/アイシン/ジェイテクト編
展示製品のウラ話をブース担当者に聞いちゃいました!「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」デンソー/アイシン/ジェイテクト編
くるまのニュース
ルクレール、モナコ初日最速もさらなるペースアップに自信アリ「すべてをまとめられれば、もっとタイムが上がる」
ルクレール、モナコ初日最速もさらなるペースアップに自信アリ「すべてをまとめられれば、もっとタイムが上がる」
motorsport.com 日本版
スズキが新型「ハスラー」発表! 斬新な「ブラック顔」採用でイメチェン成功!? 超カッコいいレトロ&タフな「ワイルド仕様」を初公開!
スズキが新型「ハスラー」発表! 斬新な「ブラック顔」採用でイメチェン成功!? 超カッコいいレトロ&タフな「ワイルド仕様」を初公開!
くるまのニュース
日本初のミッドシップ2シーターを当時は待ち望んでいた!トヨタ「MR2」とは
日本初のミッドシップ2シーターを当時は待ち望んでいた!トヨタ「MR2」とは
バイクのニュース
日産NISMOの香りは「桜+タイヤ」、香水をフォーミュラE上海E-Prixで発表 5月25日
日産NISMOの香りは「桜+タイヤ」、香水をフォーミュラE上海E-Prixで発表 5月25日
レスポンス
インプレッサーブを知ってるか? インプレッサスポーツワゴンのサーブ版9-2Xの黒歴史とは 
インプレッサーブを知ってるか? インプレッサスポーツワゴンのサーブ版9-2Xの黒歴史とは 
ベストカーWeb
見た目が凄い! カクカクSUV何がある? 最近人気高まる国産SUV3選
見た目が凄い! カクカクSUV何がある? 最近人気高まる国産SUV3選
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • テスラは斬新な試みをやっている意欲的な会社ですが自分がいざ買う立場になったらテスラは選ばないと思います。なぜならクオリティやサービスに疑問があるから。電気自動車は家電製品みたいなモノかもしれないがそれでもやはり買うなら既存の自動車メーカーにするでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村