サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則28】カイエンはポルシェにとって「新しい形のスポーツカー」だった

ここから本文です
2002年のパリ オート サロンでワールドプレミアされ、2003年春に日本デビューを果たしたポルシェ カイエン。その後、世界のポルシェ総販売台数の半分以上を占める稼ぎ頭に成長している。ポルシェにとって、カイエンとはどういうクルマだったのか。2005年春、カイエン ターボの試乗をとおして、こもだきよし氏が検証している。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2005年5月号より)

カイエン登場の裏にあるバイザッハ研究所の存在
カイエンはポルシェの歴史の中でユニークな存在なのかというと、ボクは決してそんなことはないと思っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ