サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > チームカガヤマKATANA1000R TYPE-1|TOTデビューウインを遂げたプロジェクト初号機【Heritage&Legends】

ここから本文です
カタナへの憧れとTOTへの興味が生んだ1台
現役の全日本スーパーバイクライダー、加賀山就臣選手率いるチームカガヤマが、TOT=テイスト・オブ・ツクバ・ハーキュリーズクラス出場のために2018年に作り上げたカタナ、カガヤマ カタナ1000R。写真はその原点となる通称“1号機”だが、細部を書き連ねるよりも、加賀山さんによるコンセプトを紹介した方がよく分かるだろう。

「皆さん知っての通り、僕はレーシングライダーとしてのキャリアをずっとスズキで過ごしてきました。その上に僕は、スズキファンなんです。カタナは、ずっと憧れのモデルでした」と加賀山さん。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン