現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2台同時スタートのタイマンバトルに観客も熱狂! 難易度も高いラリージャパンの「豊田スタジアムSS」の面白さがヤバい

ここから本文です

2台同時スタートのタイマンバトルに観客も熱狂! 難易度も高いラリージャパンの「豊田スタジアムSS」の面白さがヤバい

掲載 6
2台同時スタートのタイマンバトルに観客も熱狂! 難易度も高いラリージャパンの「豊田スタジアムSS」の面白さがヤバい

 この記事をまとめると

■WRC第13戦「ラリージャパン」では新たに「豊田スタジアムSS」が新設された

WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」がついに開幕! SS1を終えてトヨタ勢最上位はGRヤリスの勝田貴元選手の5位

■2台が並走して競争する形式は優劣がわかりやすく観客からもドライバーからも好評だった

■ラリージャパンの新名物になる魅力を持っている

 ラリージャパンの新名物となったスタジアムでのスーパーSS

 WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン」が11月16~19日、愛知県・岐阜県で開催。17日のデイ2は雨、18日のデイ3は曇りときどき雪、19日のデイ4は曇りのち晴れ……といったように天候が目まぐるしく変化。路面コンディションも刻々と変化したことから、山岳SSは難易度の高いターマックとなり、激しいタイム争いが展開された。

 この山岳SSと同様に激しいバトルで数多くのファンの注目を集めていたのが、なんといっても2023年の大会より新設された「豊田スタジアムSS」だと言えるだろう。

 同ステージは、文字どおり豊田スタジアムに設けられたステージで、2台同時スタートの“スーパーSS”として設定。同じスタジアムSSでも、アクロポリスラリー・ギリシャの「アテネ・オリンピック・スタジアム」や、かつてラリー・ポルトガルで設定されていた「アルガルベ・スタジアム」と比べるとやや小さいものの、コンパクトながら立体交差のジャンピングスポットを持つアスファルト舗装のステージで、テクニカルなレイアウトとなっていた。

 実際、デュアルスタートのスーパーSSは、タイムのみならず、2台の着順による優劣がわかりやすいことから、多くのファンがこのエンターテイメント性の高い一騎打ちのバトルを満喫。

 このスーパーSSはドライバーからの評価も高く、トヨタGAZOOレーシングWRJよりGRヤリスで参戦した勝田範彦選手は「走っていても面白いコースでした」と語る。同時に難易度も高く、勝田によれば「グリップしないので難しい」とのことで、勝田はデイ2のSS8でクラッシュを喫し、そのままリタイヤを決断。

 また、勝田のチームメイト、眞貝知志も「ジャンプの前にブレーキをかけないといけませんでした」と語るように、SS1のジャンプの着地でマシンを破損し、デイリタイヤを決断している。マシンを修復した眞貝は、デイ2から再出走を果たすと安定した走りを披露し、ナショナルクラスで勝利を飾ったが、簡易舗装の豊田スタジアムSSはグリップレベルが低く、わずか2.1kmのショートステージながら、時として勝敗をわける存在となっていた。

 これまで愛知・岐阜県を舞台にしたラリージャパンでは熊野神社と湖で有名な「三河湖SS」や民家を通り抜ける「額田の森SS」、トンネルが印象的な「伊勢神トンネルSS」が名物SSとして定着してきたが、2023年の大会に新設された豊田スタジアムSSもシンボル的な存在として新名物に加わることだろう。

こんな記事も読まれています

爆速EVポルシェ・タイカン 足元を支えるピレリのニューモデル PゼロR/Pゼロ・トロフェオRS
爆速EVポルシェ・タイカン 足元を支えるピレリのニューモデル PゼロR/Pゼロ・トロフェオRS
AUTOCAR JAPAN
トヨタのハートレー「万全だったとは言えない」、可夢偉「順位を上げるチャンスはある」/第2戦予選
トヨタのハートレー「万全だったとは言えない」、可夢偉「順位を上げるチャンスはある」/第2戦予選
AUTOSPORT web
岩手で「小さな高級車」誕生! スニーカーから生まれた「LBX」 レクサスが“高級車のヒエラルキー”変えた?
岩手で「小さな高級車」誕生! スニーカーから生まれた「LBX」 レクサスが“高級車のヒエラルキー”変えた?
くるまのニュース
シャシー交換のリカルド、スプリント11位&予選12番手「マシンの感触が良くなった。ここまででベストの週末」F1中国GP
シャシー交換のリカルド、スプリント11位&予選12番手「マシンの感触が良くなった。ここまででベストの週末」F1中国GP
AUTOSPORT web
名前の由来はもちろん「アイルトン・セナ」! ビールの売り子と二刀流で頑張ってます!!! 前田星奈 TEAM UPGARAGE HONEYS
名前の由来はもちろん「アイルトン・セナ」! ビールの売り子と二刀流で頑張ってます!!! 前田星奈 TEAM UPGARAGE HONEYS
ベストカーWeb
【高速道路情報】東北自動車道・上河内SA(上り)が2024年4月23日にリニューアルオープン!
【高速道路情報】東北自動車道・上河内SA(上り)が2024年4月23日にリニューアルオープン!
Webモーターマガジン
鎌倉を管轄する220クラウンパトカー、1/43スケールミニカー で登場
鎌倉を管轄する220クラウンパトカー、1/43スケールミニカー で登場
レスポンス
シビック乗り「マストバイ」アイテムが発表! 「マジで走りが変わる」ホンダアクセスの十八番「実効空力」採用のリヤスポイラーの詳細
シビック乗り「マストバイ」アイテムが発表! 「マジで走りが変わる」ホンダアクセスの十八番「実効空力」採用のリヤスポイラーの詳細
WEB CARTOP
スプリント2位のハミルトン、セットアップの実験後に予選18番手「悪くなりようがないと思ったけど違ったね」F1中国GP
スプリント2位のハミルトン、セットアップの実験後に予選18番手「悪くなりようがないと思ったけど違ったね」F1中国GP
AUTOSPORT web
全長3.7m!トヨタ「シエンタ」よりも小さい「7人乗りミニバン」が最高に使える! 取り回し最強の「ミニマム3列モデル」に絶賛の熱い声!
全長3.7m!トヨタ「シエンタ」よりも小さい「7人乗りミニバン」が最高に使える! 取り回し最強の「ミニマム3列モデル」に絶賛の熱い声!
くるまのニュース
スズキ『HAYABUSA』Tシャツ、CAMSHOPから新登場
スズキ『HAYABUSA』Tシャツ、CAMSHOPから新登場
レスポンス
お尻良ければすべてヨシ!!? スイフト GT-R アヴェンタドール…… 魅惑のバックシャン世界選手権
お尻良ければすべてヨシ!!? スイフト GT-R アヴェンタドール…… 魅惑のバックシャン世界選手権
ベストカーWeb
トヨタ、新型SUV「ランドクルーザー“250”シリーズ」をついに発売。KINTOなら約5万で乗れるぞ!
トヨタ、新型SUV「ランドクルーザー“250”シリーズ」をついに発売。KINTOなら約5万で乗れるぞ!
くるくら
アップルがEV事業からの撤退を決断! EVの時代はこれからなのに10年も進めてきたプロジェクトをいまやめる理由
アップルがEV事業からの撤退を決断! EVの時代はこれからなのに10年も進めてきたプロジェクトをいまやめる理由
WEB CARTOP
カウンタックをデザインした、マルチェロ・ガンディーニに捧げる1冊が登場!
カウンタックをデザインした、マルチェロ・ガンディーニに捧げる1冊が登場!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
AUTOCAR JAPAN
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

6件
  • 葛葉恭次
    でっかいミニ四駆☆
  • aki********
    日本じゃめずらしいかもしれんが、海外じゃ随分前からこういう形でやってるけどな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村