サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【奥深き平ボディの世界】平ボディとバンボディのいいトコどりを実現したスペシャルトラックがスゴい!

ここから本文です

 日本のトラックは箱型の「バンボディ」が主流。しかし、荷台の3方を「アオリ」と呼ばれる柵で囲った「平(ひら)ボディ」もまだまだ健在だ。フルオーダーメイドで製作される平ボディは、「つくりボディ」と呼ばれ、ちょっと特別な存在に位置付けられる。

 平ボディは、荷台が開放されているため、荷物の長さ・幅・高さに関する制限がほとんどないのが特徴。また、側方・後方・天井のどこからでも積み降ろし可能なため、高い汎用性を誇る。

超絶タフRVがEVで復活!?? 帰ってきたハマー 顔つきが変わりすぎてて驚いた!!

 いっぽう、平ボディでありながら、荷台を囲ってしまっているものも存在。その代表格が「幌(ほろ)付き平ボディ」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ