サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 馬に鹿にヘビ! 自動車メーカーが動物エンブレムを採用した理由とは

ここから本文です

■マシンにアニマル、機械に生き物。 人気国産車のあのクルマも?

 海外の自動車メーカーには、エンブレムに動物のモチーフを採用しているケースがあります。一見まったくの無関係に見えるクルマと動物モチーフのエンブレムには、どんな関係性があるのでしょうか。

まるでフェラーリ!? 新型「コルベット」が脱FR化した理由とは

 ●フェラーリ

 イタリアのフェラーリは、1947年にレーシングチームのドライバー兼オーナーであるエンツォ・フェラーリによって創設されました。

 エンブレムは黄色いバックカラーと跳ね上がった馬の姿が印象的で、通称「跳ね馬」とも呼ばれています。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン