サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型CT125への道 “ハンター”の系譜を辿る【’70年代~現代のクロスカブへ】

ここから本文です

ホンダ新型CT125への道 “ハンター”の系譜を辿る【’70年代~現代のクロスカブへ】

隠れたロングセラー60年選手

60年に迫る歴史を重ねてきたホンダCTシリーズ。歴代スーパーカブと共に歩みつつ、ハードな走りに応えるため独自の進化を遂げた、隠れロングセラー”ハンター”の系譜をひも解く。前稿の’60年代ラインナップ紹介に引き続き、本稿ではロングセラーとなったCT90(’66~)から後継モデル・クロスカブ(’13~)までを紹介する。

ホンダ新型CT125への道 “ハンター”の系譜を辿る【’60年代を駆け抜けた5モデル】

●まとめ:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史、鶴身健 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン

CT90 TRAIL90[海外 ’66~]革新メカを続々と投入

CT200のユニットをOHV→SOHC化したCT90(K0)が’66年にデビュー。同時に排気量を86.7→89.5ccへ高めた。他はほぼ同じ仕様だったが、翌年Wスプロケットの代わりにレバー操作ひとつで2次減速比を切り変えられる副変速機を追加。4速ミッションの実質8速化を実現した。さらに飛躍したのは’69年型のK1。フロントフォークをボトムリンク式→テレスコピック式とし、同時にサイドエアクリーナー+ハイマウント吸気ダクトを投入。高い評価を受け、’79年まで続くロングセラーとなった。

―― 【HONDA CT90 TRAIL90】■全長1870 全幅695 全高1050 軸距1220 最低地上高165(各mm) 車重91kg(乾)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ89.5cc 7ps/8500rpm 0.67kg-m/5000rpm 燃料タンク容量6.5L ■タイヤF=2.75-17 R=2.75-17※写真・諸元は’73年型

―― 【スポーティな心臓に後方吸気を融合】心臓部はスポーツバイクのCS90がベース。’66~’68は前向きのサイドドラフトキャブだったが、’69以降で後方吸気+アップタイプの導入口を採用。大柄な米国人には邪魔だったハンドル下エアクリーナーはシート左側に移設した。

―― 【サブタンクを標準で採用】’72年型からトリップメーターに加え、リヤ左後部にサブ燃料タンクを標準装備。山奥でのガス欠に備えたアイテムで容量は1.7L。CT110では人気&定番カスタムとなった。

―― キャンピングカーへの搭載を考慮し、’70年型からハンドルの回転機構を搭載。中央のレバー操作でハンドルの向きを90度に変更できる。

―― 大刷新した’69年型C’T90(K1)。’67以降、レバーで2次減速比が切り替え可能となり、登坂力はHIで18度、LOで25度を実現した。

―― 北米で発行された’71年型K3のカタログ。(左上)大柄なライダーが山中を軽快に走る姿が印象的。(左下)K1からフレームカバーやフォークブーツを採用し、スタイルも洗練されている。(右)。「6000フィート(約1800m)以上の高山でもパワーが落ちないキャブレターを装備する」と説明されている。

―― デュアルレンジによる8速化を強調した’72年型K4のカタログ。この年式から鋲付きシートを新採用した。

CT110 TRAIL110[海外|国内 ’80~]排気量を拡大、強心臓を積む決定版

’80年にCT90が110に進化し、北米と豪州で販売開始された。エンジンはほぼ専用設計で、ボアを2mm、ストロークを3.9mm拡大しカブ系最大の105ccに到達。初期型は副変速機を備えないが、不評のため翌’81年型から採用する。特に成功したのは豪州とニュージーランドで、農業や郵政用として’12年まで日本から供給され続けた。

―― ’82米国モデルのカタログ。北米仕様の呼称はTRAIL110だが、カタログではCT110と記載。

―― 北米仕様は、豪州仕様にはないハンドル回転機構やサブタンクを標準で備え、’86年まで生産された。

◆2年間のみ日本仕様もラインナップ

’81年10月から国内でも市販されたが、惜しくも2年で販売終了した。コストダウンのため、副変速機がなく、ポイント点火の初期型がベースだった。

―― 【HONDA CT110】■全長1905 全幅755 全高1050 軸距1220 最低地上高175(各mm) 車重87kg(乾)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ105cc 7.6ps/7500rpm 0.85kg-m/6000rpm 燃料タンク容量5.5L ■タイヤF=2.75-17 R=2.75-17 ※諸元は’82国内仕様

―― 【日本ではアウトドアイメージを強調】「ワークブーツ」に例えた国内のカタログ。時代の影響か、狩りの写真やハンターカブの名称はなく、アウトドア指向を強調している。当時は不人気車だったが、’90年代にブームとなり、多くの車両が逆輸入された。

CT110 POST OFFICE CUB[海外 ’81~]信頼性を高めた豪州向け郵政仕様

現在、豪州には郵政仕様としてクロスカブが納入されるが、’12年までCT110を導入していた。STDとの相違点は、6→12V化した安定の電装系と、動きが滑らかなスプリング内蔵型のセリアーニ式フロントフォーク。別体式メーターも特徴だ。副変速機は非装備。

―― 【HONDA CT110 POST OFFICE CUB】■全長1905 全幅755 全高1050 軸距1220 最低地上高175(各mm) 車重91.1kg(乾)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 105cc 7ps/7500rpm ※写真、諸元は’05豪州仕様

HUNTER CUBRA[国内 ’97~]CT風の純正パーツ群まで登場

’90年代後半になると、ハンターカブブームが一段と過熱化。そこでノーマルのカブをCT風にする純正アクセサリー「ハンターカブラ」が’97年にリリースされた。「カブラ」とは、カブ用の洒落たパーツシリーズで、CT風としてはアップマフラーやアンダーガード、前後大型キャリアなど8アイテムをリリース。

―― 写真は’95東京モーターショーに展示されたアクセサリー装着車だ。

CROSS CUB[海外|国内 ’13~]約30年ぶりの新作トレール

アドベンチャー人気が高まる中、’13年に初代クロスカブがデビュー。久々に登場したオフ風カブで、CTの後継的モデルと言える。ベースは、中国で生産された’12スーパーカブC110の豪州向け郵政仕様だ。外観は、ボディマウントのガード付きヘッドライトとレッグシールドが特徴。前後17インチにロングストロークサスを与え、車体はノーマルのカブより大柄だ。’18年、国内生産の2代目にバトンタッチした。

―― 【HONDA CROSS CUB】■全長1945 全幅815 全高1150 軸距1225 シート高784 最低地上高155(各mm) 車重105kg(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ109cc 8ps/7500rpm 0.87kg-m/5500rpm 燃料タンク容量4.3L ■タイヤF=2.75-17 R=2.75-17 ※諸元は’13国内仕様

―― 重量物の積載を考慮したカブプロ110と同様の足回りを前後に装着。クッション性が高く幅広のシートは専用だ。タンデムステップは備えずソロ仕様となる。

―― 2代目クロスカブをハンターカブ風に仕立てた、クロスカブ改・ルアーマガジンスペシャル。東京モーターサイクルショー2019のヤングマシンブースに展示された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します