現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスEQ EQS 450 4マティック SUV試乗「悪路も行けるラグジュアリーSUV」

ここから本文です

メルセデスEQ EQS 450 4マティック SUV試乗「悪路も行けるラグジュアリーSUV」

掲載
メルセデスEQ EQS 450 4マティック SUV試乗「悪路も行けるラグジュアリーSUV」

上質な室内空間と航続距離593kmを誇るBEVモデル、メルセデスEQの最上級SUVとなるEQS SUVに試乗した。(Motor Magazine2023年9月号より)

3トン近い車重を感じさせない力強い加速
高品位でラグジュアリー、高い快適性を備えたメルセデスSクラスのBEV版EQS、それをSUVに仕立てたモデルがEQS SUVだ。BEV専用のプラットフォームを初採用したSUVモデルでもある。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

滑らかなラインで描かれたフロント部にはスリーポインテッドスターが散りばめられたブラックパネルが装備される。

ボディサイズはEQSセダン比で全長が-95mmの5130mm、全幅が+110mmの2035mm、全高は+205mmの1725mmとなっている。最低地上高は175mmと高いが、ランニングボードを備えるため乗り降りはしやすい。

ヘッドクリアランスはセダン比で5cm増
インテリアは、まず目に入ってくるのはダッシュボードに広がる大型のMBUXハイパースクリーン(試乗車の450 4マティックではオプション)。3つのディスプレイを1枚のガラスで覆い、幅1410mmものワイドなスクリーンとしている。

高い車高のため視界も良い。ヘッドクリアランスはセダン比で5cm増し、より広い室内空間となっている。2列目シートは130mmの前後スライドにリクライニング機能も備え、ゆったりとしたスペースを確保、視覚的にも開放感がある。また、 3列目シートを標準で備え、実用性も高い。

走り出しはBEVらしく静かで滑らか。高速の合流でもアクセルペダルに素直に反応し、3トン近い車重を感じさせない力強い加速を見せる。

回生ブレーキはパドルシフトで3段階の調整が可能。Dオートモードによるインテリジェント回生も設定ができ、Dオートでは車間距離があるとコースティング状態に近くなり、先行車との距離が近くなると回生ブレーキが自動的に介入する。

またリアアクスルステアリングにより最小回転半径5.1mを実現。交差点でのUターン時でも3210mmのホイールベースとは思えない取り回しの良さを実感した。

豪華な内装に高い静粛性、快適な乗り心地、さらに実用性のある3列シートを備えた、メルセデスEQの最高峰にふさわしいSUVである。(文:Motor Magazine編集部 根本貴正/写真:井上雅行)

メルセデス EQ EQS 450 4マティック SUV主要諸元
●全長×全幅×全高:5130×2035×1725mm
●ホイールベース:3210mm
●車両重量:2880kg
●モーター:交流同期電動機×2(フロント+リア)
●システム最高出力:265kW(360ps)
●システム最大トルク:800Nm
●総電圧:396V
●一充電走行距離:593km
●駆動方式:4WD
●タイヤサイズ:265/50R20
●車両価格(税込):1542万円

[ アルバム : メルセデス EQ EQS 450 4マティック SUV はオリジナルサイトでご覧ください ]

関連タグ

こんな記事も読まれています

スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
スーパーGTセパンラウンド、最短で来季復活の可能性も? しかし現在もコスト面での検討が続く……決断のデッドラインは6月か
motorsport.com 日本版
クロフトで開催された2回目のBTCC公式テストは、2台のBMWやフォード艦隊を抑えたヒョンデが最速
クロフトで開催された2回目のBTCC公式テストは、2台のBMWやフォード艦隊を抑えたヒョンデが最速
AUTOSPORT web
【このカマロなんぼ?】世界で最も個性的なクルマ アメ車好きには応えられない1台 シボレー カマロがリーズナブルな価格で販売中
【このカマロなんぼ?】世界で最も個性的なクルマ アメ車好きには応えられない1台 シボレー カマロがリーズナブルな価格で販売中
AutoBild Japan
ビギナー歓迎。2024年もニスモ、STI、無限、TRDが『ワークスチューニング・サーキットデイ』を開催
ビギナー歓迎。2024年もニスモ、STI、無限、TRDが『ワークスチューニング・サーキットデイ』を開催
AUTOSPORT web
バーチャルドライバーはリアルでも速い…?マツダのチャレンジプログラムが筑波で開催
バーチャルドライバーはリアルでも速い…?マツダのチャレンジプログラムが筑波で開催
レスポンス
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
レンジローバー スポーツの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
アルファロメオ ブランド初のBセグメントクロスオーバー「ミラノ」をワールドプレミア
Auto Prove
KTM、ダニ・ペドロサをスペインGPでワイルドカード起用「ヘレスは特別な場所」 ポル・エスパルガロもイタリアGPで起用へ
KTM、ダニ・ペドロサをスペインGPでワイルドカード起用「ヘレスは特別な場所」 ポル・エスパルガロもイタリアGPで起用へ
motorsport.com 日本版
“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは
くるまのニュース
スクーター王国台湾「KYMCO(キムコ)」 欧州市場向けモデルの日本特別仕様「AROMA 150」はアリか?
スクーター王国台湾「KYMCO(キムコ)」 欧州市場向けモデルの日本特別仕様「AROMA 150」はアリか?
バイクのニュース
懐かしくもあり憧れでもあるラリーカーをじっくり堪能できる…オートモビルカウンシル2024
懐かしくもあり憧れでもあるラリーカーをじっくり堪能できる…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
【初日の熱気をレポート】チラ見せ オートモビルカウンシル2024 濃密な3日間の幕開け、全貌は会場で
【初日の熱気をレポート】チラ見せ オートモビルカウンシル2024 濃密な3日間の幕開け、全貌は会場で
AUTOCAR JAPAN
3回のクラッシュでかかったコストは3億円以上か。ウイリアムズF1のアップグレード計画にも1カ月遅れが生じる
3回のクラッシュでかかったコストは3億円以上か。ウイリアムズF1のアップグレード計画にも1カ月遅れが生じる
AUTOSPORT web
シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック
シャレオツ欧州SUVに首ったけ!! プジョーのSUV 3台を総チェック
ベストカーWeb
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web
エンジンがないのにプラグがある! HVやEVについてる「サービスプラグ」って何?
エンジンがないのにプラグがある! HVやEVについてる「サービスプラグ」って何?
WEB CARTOP
これじゃ予選の意味ないよ! フォーミュラEの節約合戦にドライバーから批判の声
これじゃ予選の意味ないよ! フォーミュラEの節約合戦にドライバーから批判の声
motorsport.com 日本版
初日プラクティスはマルティンがレコードブレイクでトップ。COTAで7勝のM.マルケスは3番手/第3戦アメリカズGP
初日プラクティスはマルティンがレコードブレイクでトップ。COTAで7勝のM.マルケスは3番手/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1278.01890.0万円

中古車を検索
EQSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1278.01890.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村