現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【オールインワン・ワゴンの雄】アウディRS4アバントへ試乗 フェイスリフト

ここから本文です

【オールインワン・ワゴンの雄】アウディRS4アバントへ試乗 フェイスリフト

掲載 更新 2
【オールインワン・ワゴンの雄】アウディRS4アバントへ試乗 フェイスリフト

見た目の変更点はわずかでも効果的

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

【画像】アウディRS4アバント MC前後 全67枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


モデル中期のフェイスリフトを受けた、アウディRS4アバント。同郷の最新パフォーマンス・エステート、RS6と変わらぬ成功を収めてきた。変更内容はわずかに留まっている。

そもそも常に臨戦態勢にあるレスポンスと、安全性の高いハンドリング、圧倒的なインテリアの質感を備える、秀逸の完成度を得ていた。変更が小さくても、不満は感じないというのが本音。

先日ご紹介した、兄弟モデルのRS5と同様に、4代目アウディRS4にもボディデザインにわずかな変更を受けている。マイナーチェンジ前のクルマと識別できるように。

良くわかるのが、フロントバンパーのエアインテーク周りの形状。シングル・フレームグリルにも手が加えられ、光沢の強いブラックになり、その上部には3本スリットの吸気口が追加された。

ヘッドライトに内蔵されるデイタイム・ランニングライトのデザインも変更。片側6分割となり、従来以上にハイテク感を漂わせている。

リア周りの変更はフロントより小さい。テールライトにはヘッドライトと同様のグラフィックが与えられ、リアバンパーはディフューザーに手が加えられた。

試乗車には、オプションの20インチ・アルミホイールに275/30という扁平タイヤが装備され、筋肉質なボディの見た目は狙ったとおりアグレッシブ。標準では19インチの265/35というサイズになる。

インテリアは、アウディらしく素晴らしいが、それは以前と変わらない。高い品質やデザイン性だけでなく、運転環境としても秀逸。ステーションワゴンでもあり、日常的な利便性で敵うモデルは限られてくる。

2.9L V6ツインターボはキャリーオーバー

4代目のアウディRS4アバントが登場したのは2017年。インテリアの基本的な構成はそのままだが、いくつかの変更が施され、操作性は向上。車内の訴求力も高められている。

一番の違いが、ダッシュボード中央に据えられた、インフォテインメント・システム用の高精細タッチモニター。フェイスリフト前のRS4に付いていた、ロータリー・コントローラーはなくなった。

最新のアウディ製モデルと同様、OSにはMMIタッチ・レスポンスを採用。ジェスチャー・コントロールと音声認識も、新しいものへアップデートされている。

荷室容量は、後席を起こした状態で495Lと不変。分割式の背もたれを倒せば、1495Lにまで広げられることも変わりない。

メカニズムとしては共通するRS5クーペとRS5スポーツバックだが、5ドアのワゴンボディによって、実用性ではRS4アバントの方がはるかに高い。

2.9LのV6ツインターボ・エンジンはキャリーオーバー。最高出力450psで、第3世代のRS4が積んでいた4.2Lの自然吸気V8エンジンと同等。ライバルのメルセデスAMG C63エステートより15ps、アルピナB3ツーリングより12psだけ、低い。

3代目のV8エンジンは自然吸気ということで、回転数に依存していたが、新しいV6エンジンはツインターボの力を借り、低回転域から強力。わずか1900rpmから5000rpmに渡って、61.1kg-mを湧出する。

ドライビング・モードをダイナミックにし、低回転からの極太トルクを利用すれば、0-100km/h加速は4.1秒で終了する。同様に中間加速も鋭い。

アウディRS2以降受け継がれる伝統

排気システムへも細かな改良を受け、エグゾーストノートはフェイスリフト前より聴き応えのあるものになった。ボリュームも大きくなっている。だが、V8 NAを積んでいた3代目並みに、聞き惚れるものではないけれど。

トランスミッションはトルクコンバーター式の8速AT。ステアリングホイールにはパドルシフトが付き、アウディ自慢の四輪駆動システム、クワトロも最新のものへ進化。スポーツ・デフを搭載し、リアタイヤの左右個別に、駆動力を調整できる。

これらが組み合わさり、オンロードでの個性が生み出されている。目的地への移動速度も質感も、目をみはるほどだ。

しかも最新のRS4アバントは、運転が極めて安楽。圧倒的なパフォーマンスを、揺るぎない自信と安心感に包まれながら享受できる。

速度感応式の電動パワーステアリングは、重み付けも良好で、反応も鋭い。伝わる情報量や感触でやや物足りなくても、RS4アバントの進路を確実に定めていける、一体感のある敏捷性にまとめている。

この特性は、1999年にポルシェの手によって誕生したアウディRS2以降受け継がれる、RSシリーズの伝統だといえる。

アダプティブダンパーを含める、ダイナミック・ライドコントロールはオプション。こちらはボディの無駄な傾きを極力抑え込み、抜群の姿勢制御を叶えている。

姿勢制御と動的性能を決定付けているのが、秀抜のグリップ力とトラクション。20インチの275/30という太いタイヤが、凄まじいロードホールディング性を見せつける。

オールインワンと呼べるパッケージング

加えてトルクベクタリング機能が、高速コーナリングをサポート。縦方向のボディの安定性も、新次元と呼べるだろう。

オプションでダイナミック・パッケージを選ぶと、最高速度は280km/hへアップ。アウトバーンを疾走するための力が、すべて解き放たれる。

乗り心地は、想像通りかなり引き締まったもの。それでもコンフォート・モードを選べば、充分なしなやかさと衝撃吸収性が得られる。ツギハギだらけの裏道でもない限り、乗り心地は過酷なものに感じられないはずだ。

スーパーカー級の動力性能を楽しめる、アウディRS4アバント。長距離移動の上質さと、大人5名や大きな荷物も載せられる、オールインワンと呼べるパッケージングを獲得している。あらゆるシーンや気象条件に対応する、並外れた基本性能がその根底を支える。

ダイナミック・モードで数分間の刺激を楽しんだ後、コンフォート・モードで快適な移動空間に長時間浸ることもできる。RS4アバントは、比類ないクルマだといって良い。

2ドアのRS5クーペと、5ドアのスポーツバックという選択肢もなくない。人とは少し違ったスタイルを好む向きには、完璧な兄弟モデルとなるだろう。

だが、RS4アバントの英国価格は6万4625ポンド(872万円)と、その2モデルよりも安価。多機能で多用途なオールインワン・ワゴンが、3台で最も手の届きやすい位置にある。これ以上、求めるものはないように思える。

アウディRS4アバント(欧州仕様)のスペック

価格:6万4625ポンド(872万円)
全長:4781mm
全幅:1866mm
全高:1404mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.1秒
燃費:10.8km/L
CO2排出量:210g/km
乾燥重量:1745kg
パワートレイン:V型6気筒2894ccツインターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:450ps/5700-6700rpm
最大トルク:61.1kg-m/1900-5000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

こんな記事も読まれています

ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
くるまのニュース
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
バイクのニュース
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
レスポンス
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
グーネット
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
日刊自動車新聞
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
レスポンス
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
motorsport.com 日本版
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
くるまのニュース
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
レスポンス
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
WEB CARTOP
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ  新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
ホンダが新型「小さなクルマ」発売へ 新「N-ONE」&「2人乗り車」25年発売!? SUVや運転楽しいヤツも!? 今後3年どうなる?
くるまのニュース
ヤマハとホンダのコラボで実現! TVアニメ「ゆるキャン△SEASON3」登場キャラクター「志摩リン」「土岐綾乃」仕様のバイクを「コミュニケーションプラザ」に展示
ヤマハとホンダのコラボで実現! TVアニメ「ゆるキャン△SEASON3」登場キャラクター「志摩リン」「土岐綾乃」仕様のバイクを「コミュニケーションプラザ」に展示
バイクのニュース
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら「外部パワーアンプ」を使いこなせる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら「外部パワーアンプ」を使いこなせる!
レスポンス
ポルシェ最大規模のファン感謝イベント、11月に中東ドバイで開催へ
ポルシェ最大規模のファン感謝イベント、11月に中東ドバイで開催へ
レスポンス
【新型クラウン タイプ別解説】クラウンスポーツはトヨタ最高峰のSUV!?
【新型クラウン タイプ別解説】クラウンスポーツはトヨタ最高峰のSUV!?
月刊自家用車WEB
「あぶない刑事」復活! 舘ひろし“タカ”になりきってハーレーに跨り、ショットガンをぶっぱなせ!
「あぶない刑事」復活! 舘ひろし“タカ”になりきってハーレーに跨り、ショットガンをぶっぱなせ!
WEBヤングマシン
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

2件
  • 欧州での、日本と同様な装備をつけた場合の売値を知りたいものです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

999.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.0618.0万円

中古車を検索
RS4 (セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

999.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.0618.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村